FPAPニュース・お知らせ

<< December 2013 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

演出家、劇作家によるパネルトーク 「ゲキトーク 北川大輔×鈴木アツト」 参加者募集【2014/1/19(日)開催】

2013.12.13 Friday | お知らせ

FPAPでは2014年1月19日に、ゲキトーク(演出家、劇作家によるパネルトーク)を開催します。

ゲストに北川大輔(カムヰヤッセン)、鈴木アツト(劇団印象-indian elephant-)を迎え、海外での公演経験や、カンパニーとして生き残るために何が必要か、トークを行います。

舞台芸術に興味がある、活動をされている方、他の地域や海外で公演がしてみたい方におすすめの企画です。


■日時
2014年1月19日(日)18:30〜(1時間半程度、終了後に交流会を予定)

■場所
cafe Teco(住所:福岡県福岡市中央区警固1-4-22-2F)

■ゲスト
北川大輔(カムヰヤッセン 主宰)
鈴木アツト(劇団印象‐indian elephant‐ 主宰)

■参加費
1,000円(ワンドリンク込)

申込方法など詳細は以下のサイトにて
http://www.fpap.jp/talk/2014/
author : fpap | - | -

【12/25締切】小屋代無料、30万の委託費有り。宮崎県立芸術劇場が「えんげき・とれたて新鮮市」の参加団体を募集

2013.12.11 Wednesday | ニュース

宮崎県立芸術劇場が平成26年度「えんげき・とれたて新鮮市」(9/27,28開催予定)の参加団体を募集している。
「えんげき・とれたて新鮮市」は宮崎県を拠点に活動する若手演劇人と全国各地で活動する演劇人が交流することを目的に平成25年から開催している。期間中はメディキット県民文化センター(宮崎県立芸術劇場)で「みやざき演劇若手の会」と採用団体が時間をずらして公演を行う。

採用団体はイベントホール、もしくは大練習室の室料等が無料となるほか、30万の委託費、現地制作業務の協力が受けられる。

募集分野は演劇・舞踊などの舞台芸術に関する公演。

詳しくは下記より。
http://www.miyazaki-ac.jp/?page_id=404
author : fpap | - | -

北九州芸術劇場が第6期の劇場文化サポーターを募集中

2013.12.11 Wednesday | ニュース

北九州芸術劇場が第6期の劇場文化サポーターを募集している。
18歳以上であればだれでも可能。

月一回のミーティングで、
演劇や劇場のことを学ぶ時間もあるとのこと。

劇場文化サポーター 第6期 募集
http://www.kitakyushu-performingartscenter.or.jp/entry/2013/0228support.html
author : fpap | - | -

6劇団の公演が割引になる「FUKUOKA半券割」が本日よりスタート

2013.12.07 Saturday | ニュース

福岡で行われる6劇団の公演が割引となる「FUKUOKA半券割」が本日よりはじまった。

12月から3月末にかけて福岡にて公演を行う
不思議少年
綜合藝能座家 下衆會
にこだまり
WET BLANKET
演劇ユニットそめごころ
恋愛体質
が、割引の対象となる。

同企画では現在も参加団体を募集している。

「福岡半券割」
http://fukuokahanken.uijin.com/
author : fpap | - | -

毎日新聞のサイトに万能グローブ ガラパゴスダイナモスの川口氏へのインタビュー記事が掲載されている

2013.12.05 Thursday | ニュース

12/4の毎日新聞のサイトに、
万能グローブ ガラパゴスダイナモスの劇作家・演出家である川口大樹氏へのインタビュー記事が掲載されている。

本日12/5から12/8まで、東京の「こまばアゴラ劇場」で『ナイス・コントロール』を上演する。
「欲望を巡る物語になったかも」とのこと。

演劇:人間の「コントロール」描く 「ガラパ」東京公演|毎日新聞
http://mainichi.jp/select/news/20131204k0000e040258000c.html
author : fpap | - | -

演劇をはじめ、自由な発想の企画も広く募集する平成26年度福岡市民芸術祭 参加行事を募集(1月31日必着)

2013.12.04 Wednesday | ニュース

平成26年9月28日(日)〜12月7日(日)に福岡市内の会場で行われる行事を対象に、
平成26年度福岡市民芸術祭の参加行事募集が行われている。

■市民芸術祭とは?
福岡市民芸術祭は、毎年秋に開催されている「芸術のお祭り」。
51回目を迎える2014年は、
新たに「自由」で「多様なジャンル、表現、テーマをつなげる」のプログラムも募集している。
また、今回から個人の方でも参加できるようになった。

■募集期間(第1次)
平成25年12月2日(月)〜平成26年1月31日(金) (※必着)

■今年のテーマ
『つながる』

■メリット
福岡市民芸術祭に参加すると、以下のメリットがある。
・福岡市民芸術祭によるパンフレットやホームページでの広報
・(公財)福岡市文化芸術振興財団・福岡市・福岡市教育委員会の後援名義使用
・奨励金の贈呈(※応募内容に応じる)
・福岡市の公共施設の使用料の減免(施設によって規程が異なる)

■対象ジャンル
下記のジャンルの枠組にとらわれない幅広い文化芸術活動や、
新しい表現や手法、参加のあり方を創り出す自由な発想の企画も広く募集。
_山 (クラシック・邦楽・民謡・ジャズ・ポピュラー・ロックなど)
美術・パフォーマンス
 (絵画・彫刻・工芸・造形・陶芸・写真・デザイン・インスタレーションなど)
1薹
ど駘 (ダンス・バレエ・日舞・民舞など)
ヅ租芸能 (能楽・歌舞伎・雅楽・郷土芸能など)
κ厳 (エッセイや携帯小説等も含む)
Д瓮妊ア芸術 (映像・映画・漫画・アニメーションなど)
╂験菠顕 (書道・茶道・華道など)
その他

また、メールでの申し込みも可能。
http://artlier.jp/event/etc/2013/11/26geijutsusai1.html
詳細はWEBアートリエにて
author : fpap | - | -

【九州の団体も応募可】おおさか創造千島財団が2014年度助成公募プログラムの申請受付を開始

2013.12.03 Tuesday | ニュース

おおさか創造千島財団が2014年度助成公募プログラムの申請受付を開始した。

大阪府内で行われる活動であれば、府外の個人、団体でも応募できる。
創造活動助成では、50万円以内で申請ができ、創造的な活動であればジャンルは問わない。
スペース助成ではクリエイティブセンター大阪を利用して行う活動が対象となっており、場所の提供も無償で受けられる。

応募締切は、2014年1月10日(金)必着。

詳細は下記より
http://www.chishimatochi.info/found/?page_id=15
author : fpap | - | -

【現役高校演劇部員・過去5年以内の元演劇部員対象】全国高校演劇協議会が高校演劇2万人アンケート2013を実施中

2013.12.02 Monday | ニュース

全国高等学校演劇協議会が、高校演劇にかかわる高校生と5年以内の卒業生を対象に、高校演劇の活動についてのアンケートをおこなっている。
演劇が高校生にどのような影響・教育的効果があるのかを検証する論文の作成のための意識調査。

アンケートはパソコンの他、スマートフォンからも回答可能。
詳細は全国高等学校演劇協議会サイトにて。

全国高等学校演劇協議会
http://koenkyo.org/
author : fpap | - | -