FPAPニュース・お知らせ

<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

「荒削りでも自分の世界観を大いに展開させて、大いに笑わせる戯曲を」テアトル・エコー戯曲賞募集中

2018.01.09 Tuesday | ニュース

東京の劇団テアトル・エコーが、
「テアトル・エコーで上演出来る未発表の創作劇」という以外に制限を付けない、
戯曲を募集している。

入選作品には初演上演料を含む70万円が贈られる。
佳作でも20万円。

「荒削りでも自分の世界観を大いに展開させて、大いに笑わせる戯曲を」とのこと。

■締切
2018年5月31日(消印有効)

■詳細:
創作戯曲募集|テアトル・エコー
http://www.t-echo.co.jp/wp/?page_id=3398

テアトル・エコー創作戯曲募集|シナリオ公募ナビ
http://scenarionavi.blog81.fc2.com/blog-entry-42.html
author : fpap | - | -

京都の劇団「劇団しようよ」が、2月に北九州市内で出演者オーディションを実施する。2018年秋の全国ツアーへ向けたオーディションで、同時に制作スタッフも募集中。どちらも応募締切は1/22(月)。

2018.01.07 Sunday | ニュース

京都の劇団「劇団しようよ」が、
2018年の9月から予定している全国ツアーの出演者・制作スタッフを募集している。

この全国ツアーで上演される『パフ』は、
2014年に上演後、京都・東京と再演ツアーが行われた、劇団の代表作である。

今年の9月から、京都、東京、北九州、沖縄での全国ツアーを予定している。

募集するのは以下の3役。

20代後半〜40代前後の中年女性の役
20代前半の若い男性の役
20代後半〜40代前後の中年男性の役

また、同時にツアー公演の制作補助スタッフを若干名募集している。

応募方法は、HPの応募フォーム、もしくはメールにて。
応募締切は1/22(月)となっている。

稽古内容やオーディションほか、詳細はこちら
劇団しようよ『パフ』出演者オーディション・制作スタッフ募集ページ
author : fpap | - | -

大分市がふるさと納税返礼品に、演劇公演チケットの選択肢を設定

2018.01.02 Tuesday | ニュース

大分市が、ふるさと納税の返礼品に、同市のホルトホールで開催される『BUNGO新風土記「夢」公演チケット』を設定している。

脚本・演出は大分市の佐倉吹雪。大分市や別府市の文化を題材とした市民劇。

ふるさと納税とは、好きな市町村に納税することによって、市町村民税の軽減を受けられるとともに、返礼品を受け取れる制度。

演劇公演の返礼品の例としては、宝塚市などの例がある。


音楽舞踊詩 BUNGO新風土記 『夢』
http://www.horutohall-oita.jp/zctl/wevents/pubcontent/1998

ふるさと大分市応援寄附金
No.523 国民文化祭プレ事業  BUNGO新風土記「夢」公演チケット(1名様分)
http://www.citydo.com/furusato/official/oita/oita/items/item523.html
author : fpap | - | -