29年1月のオススメ公演

オススメライターが毎月のオススメ公演を紹介しています。
このオススメ公演の一覧は、地元劇団の芝居を見たことがない人(初めて芝居を見るという方など)にも
オススメ出来る公演を対象としています。

この一覧を見ても「なんだか、どれを観に行ったらいいかよくわからない。」という場合は、
一番「星」が多い公演を見に行ってみてはいかがでしょうか。


過去のオススメ公演  


・取り上げられている公演は12月24日現在でチラシやネットから入手できた情報を元に掲載されています。

・オススメライターのオススメ公演に疑問を持ったあなたっ!
 そんなあなたこそぜひオススメライターになって下さい。 → 》やってみたい

オススメ公演は「」印、気になる公演は「」印で表しています

 

1月 劇団名・公演名 会場 A B C D
12/29-1/9
劇団四季「ウェストサイド物語」 キャナルシティ劇場
7-8
舞台『刀剣乱舞』虚伝 燃ゆる本能寺 アルモニーサンク・北九州ソレイユホール
12-15
くるめ演劇塾プラ座コース発表公演 「愛のことだわ。2017」 久留米シティプラザ Cボックス
13-15
北九州芸術劇場+市民共同創作劇「Re.北九州の記憶」 北九州芸術劇場 小劇場
13-15
劇団M「−ミルクムースクロックアウトー」 甘棠館show劇場
14
パルコプロデュース「スルース〜探偵〜」 ももちパレス
14-15
踊ルほたルいか「Calamari〜からまり〜」 FUCA BASE
21-22
ブルーエゴナク「ふくしゅうげき」 北九州芸術劇場小劇場
   各公演の詳細は「福岡近郊 演劇公演スケジュール表」をご覧ください。

ライターAのオススメ芝居

新年!
皆様、体調管理に気をつけて好みの公演を見逃さないようにしましょう。
ただ、1月は舞台公演は少ないようで、また、日程もかぶっているようです。
「スルース」は、西岡さん対音尾さんの推理劇、ちょっと気になっています。

ライターBのオススメ芝居


今月は、公演が少ないですね。
劇団四季「ミュージカル『ウェストサイド物語』」をオススメします。大名作のミュージカルで、初めて芝居を見るような人にもすすめられます
北九州の若手劇団ブルーエゴナクも北九州芸術劇場小劇場での本公演ということで、気になっています。
『愛のことだわ。2017』は、市民劇のようですが、久留米シティプラザが初めて製作した公演になるのでしょうか。ドラマアーツディレクターが自ら作演出する公演はとても気になります。

ライターCのオススメ芝居


明けましておめでとうございます。1月は、毎年公演が少ない月のようですね。
地元の劇団では、ブルーエゴナクの5周年記念公演が気になっています。

ライターDのオススメ芝居


あけましておめでとうございます
※カッコ内情報は12/17現在、表記金額は前売り券料金

【おすすめ】
劇団四季「ミュージカル『ウェストサイド物語』」(8640円/6480円/3240円・残席要問い合わせ) 
ものすごくベタかもしれないが、「演劇」の入り口にはぴったりの一本を新年一発目としておすすめする。・・・かなり「深イイ」です。

【気になる】
舞台『刀剣乱舞』製作委員会 「舞台『刀剣乱舞』虚伝 燃ゆる本能寺」 
題名の読みは「とうけんらんぶ(らぶと読む人もいる)」、「艦これ」とかと同じように「日本の名湯」、じゃなかった「日本の名刀」を「擬人化」したスマートフォンゲームの舞台化。・・・世の中にはいろんな演劇があるのです。

北九州芸術劇場+市民共同創作劇「Re.北九州の記憶」(2000円・残席少) 
最近何処の街も「地産地消演劇」としておんなじ趣旨の演劇やっているよね。

ブルーエゴナク「ふくしゅうげき」(2500円・残席要問い合わせ) 
「クラブ系(きれいな女の人とお酒を飲むところじゃないところ)演劇」がどんな感じに化けるのかな。

オススメ公演の見方の注意。

オススメ公演は、芝居を見たことがない人にもオススメ出来るという観点から、複数のライターの方にオススメの公演を推薦してもらっています。このためアーティスティックだけれども、取っつきにくかったり、魅力的だけれども荒削りだったりする芝居は、オススメ公演の対象になりにくいことがあります。

おいおいオススメライターはうちの芝居見に来たことあるのかよ?と思った方へ。

オススメライターのうち少なくとも二人は多分見たことあると思います。
けど、旗揚げして間もなければ見てないことも十分に考えられます。
オススメライター宛として招待券をいただけた場合は、オススメライターの手に届くようにします。
先行投資として考えてみても良いかも知れません。