30年2月のオススメ公演

オススメライターが毎月のオススメ公演を紹介しています。
このオススメ公演の一覧は、地元劇団の芝居を見たことがない人(初めて芝居を見るという方など)にも
オススメ出来る公演を対象としています。

この一覧を見ても「なんだか、どれを観に行ったらいいかよくわからない。」という場合は、
一番「星」が多い公演を見に行ってみてはいかがでしょうか。


過去のオススメ公演  


・取り上げられている公演は1月21日現在でチラシやネットから入手できた情報を元に掲載されています。

・オススメライターのオススメ公演に疑問を持ったあなたっ!
 そんなあなたこそぜひオススメライターになって下さい。 → 》やってみたい

オススメ公演は「」印、気になる公演は「」印で表しています

1月

劇団名・公演名 会場      
1/27-1/28
笑の内閣「ツレがウヨになりまして」 パピオビールーム大練習室
1/31-2/3
劇団HallBrothers「となりの田中さん(2018)」 パピオビールーム・大練習室

▲前月のオススメのうち、今月まで引き続き公演しているものを掲載しています

2月 劇団名・公演名 会場 A B C
2/2-2/4
TRASHMASTERS「埋没」 ぽんプラザホール
2/2-2/4
ギンギラ太陽’s「天神ビッグ・バン!バン!バン!スペシャル」 西鉄ホール
2/3-2/4
キューブ「戯伝写楽 2018」 久留米シティプラザ ザ・グランドホール
2/3-2/4
(公財)太宰府市文化スポーツ振興財団「懐良親王と菊池武光〜雲雀の床〜」 プラム・カルコア太宰府 市民ホール
2/17-2/25
北九州芸術劇場プロデュース「彼の地U〜逢いたいひ、と。」 北九州芸術劇場 小劇場
2/17-2/18
演劇創作館 椿楼「声なき声の詩(うた)を聞け」 ぽんプラザホール
2/23
ピクニック/FBS福岡放送「TERROR テロ」 福岡国際会議場 メインホール
2/24-2/26
パルコ・プロデュース「アンチゴーヌ」 北九州芸術劇場 大ホール
2/24-2/25
劇団誠「わが町」 ぽんプラザホール
   各公演の詳細は「福岡近郊 演劇公演スケジュール表」をご覧ください。

ライターAのオススメ芝居

2月は、価格設定がそれなりの公演が目に留まります。 「アンチゴーヌ」はステージ上に客席があるということなので、演出が気になっております。 博多座の花形歌舞伎と遅ればせながら劇団四季も観に行く予定で個人的には大変な月になっております。 TRASHMASTERS「埋没」や西鉄ホールのギンギラは期待しています。
椿楼 15周年記念公演に池田商会の三原宏史さん出演というのも気になっています。

ライターBのオススメ芝居

今月のオススメは、ギンギラ太陽’sと戯伝写楽。 地域劇団としては国内屈指の人気劇団。かぶりもので擬人化された商業ビルや銘菓などが活躍するギンギラ太陽’sの公演。街のトピックをネタにしたものになるようです。
戯伝写楽は、初演が2010年で8年ぶりの再演。脚本は劇団☆新感線の中島かずき。ミュージカルだそうです。

ライターCのオススメ芝居

※カッコ内情報は1/18現在、表記金額は前売り券料金

【おすすめ】
ギンギラ太陽’s「天神ビッグ・バン!バン!バン!スペシャル」(3800円・2/2のみ残席あり)

北九州芸術劇場プロデュース「彼の地U〜逢いたいひ、と。」(3000円・残席少)
「地産地消」の演劇はいかがでしょうか?

【気になる】
TRASHMASTERS「埋没」(3500円・残席あり) 「TERROR テロ」(7800円・残席あり)
最近、いろいろ物騒で大変です。

パルコ・プロデュース「アンチゴーヌ」(7800円・2/25のみ残席あり)
テレビとかでよく見る若手が「古典演劇」に挑戦。

オススメ公演の見方の注意。

オススメ公演は、芝居を見たことがない人にもオススメ出来るという観点から、複数のライターの方にオススメの公演を推薦してもらっています。このためアーティスティックだけれども、取っつきにくかったり、魅力的だけれども荒削りだったりする芝居は、オススメ公演の対象になりにくいことがあります。

おいおいオススメライターはうちの芝居見に来たことあるのかよ?と思った方へ。

オススメライターのうち少なくとも二人は多分見たことあると思います。
けど、旗揚げして間もなければ見てないことも十分に考えられます。
オススメライター宛として招待券をいただけた場合は、オススメライターの手に届くようにします。
先行投資として考えてみても良いかも知れません。