元年5月のオススメ公演

                   オススメライターが毎月のオススメ公演を紹介しています。
         このオススメ公演の一覧は、地元劇団の芝居を見たことがない人(初めて芝居を見るという方など)にも
                       オススメ出来る公演を対象としています。

            この一覧を見ても「なんだか、どれを観に行ったらいいかよくわからない。」という場合は、
                  一番「星」が多い公演を見に行ってみてはいかがでしょうか。


    過去のオススメ公演  


・取り上げられている公演は4月25日現在でチラシやネットから入手できた情報を元に掲載されています。

・オススメライターのオススメ公演に疑問を持ったあなたっ!
そんなあなたこそぜひオススメライターになって下さい。 → 》やってみたい

オススメ公演は「」印、気になる公演は「」印で表しています

▲前月のオススメのうち、今月まで引き続き公演しているものを掲載しています

日程 劇団名・公演名 会場 A B C
5/2-5/6
こわせ貯金箱「ラッキーフィッシュと浮かぶ夜」 甘棠館Show劇場
5/3-6
北九州市立美術館「切り裂かれたキャンバス〜「マネとマネ夫人像」をめぐって」 北九州市立美術館本館 エデュケーションルームA
5/5-5/28
博多座「武田鉄矢×コロッケ特別公演」 博多座
5/10-5/13 劇団ZIG.ZAG.BITE「たすけて! 青春ピンチヒッター!!」 ぽんプラザホール
5/17-5/19
ヒカリノオト「手を振る」 ぽんプラザホール
5/17-5/19 最新旧型機 クロックアップ・サイリックス「シンキイッテン」 湾岸劇場博多扇貝
5/25-5/26
劇団ピロシキマン「鈍色ダイヤモンド」 福岡市科学館 サイエンスホール
5/25-5/26
博多座/インプレサリオエンターテイメント「笑う男 The Eternal Love -永遠の愛-」 アルモニーサンク・北九州ソレイユホール
5/31-6/1
ガルシア・ロルカ悲劇三部作上演実行委員会「イェルマ 悲劇と書いて、夫婦と読む」
ももちパレス大ホール
   各公演の詳細は「福岡近郊 演劇公演スケジュール表」をご覧ください。

ライターAのオススメ芝居

年号、年号と言いたくないけれど、新しいめぐり合わせがやってきた。

こわせ貯金箱「ラッキーフィッシュと浮かぶ夜」 ガラパの若いもんがやっているやつ、見たら 村上春樹の「羊をめぐる冒険」を読みたくなってくるかもしれない。

北九州市立美術館「切り裂かれたキャンバス〜 「マネとマネ夫人像」をめぐって」 作品自体も「知的冒険エンターテイメント」の要素がぎっちり入って最高。 仕掛けはもっと最高。


ライターBのオススメ芝居

ヒカリノオトは、安定した構成と内容が続いており、女優陣もよいのでオススメにしております。

博多座でしっかり笑って、月末にミュージカルをがっつりと。

ライターCのオススメ芝居

劇団ZIG.ZAG.BITE「たすけて! 青春ピンチヒッター!!」、青春学園ヒーローアクションコメディ。3年連続の公演になるんでしょうか。新作も見てみたいところですが、定評のある作品で、初めてお芝居を見るような方にもおすすめできる作品です。

今、福岡で、もっとも注目されている劇団「ヒカリノオト」。丹念に人の内面を描く作品で、正統派の作品が期待できます。

クロックアップ・サイリックス、劇団GIGAは、福岡の実力派劇団。少々難解な面はありますが、福岡の演劇シーンを支えてきた劇団です。

オススメ公演の見方の注意。

オススメ公演は、芝居を見たことがない人にもオススメ出来るという観点から、複数のライターの方にオススメの公演を推薦してもらっています。このためアーティスティックだけれども、取っつきにくかったり、魅力的だけれども荒削りだったりする芝居は、オススメ公演の対象になりにくいことがあります。

おいおいオススメライターはうちの芝居見に来たことあるのかよ?と思った方へ。

オススメライターのうち少なくとも二人は多分見たことあると思います。
けど、旗揚げして間もなければ見てないことも十分に考えられます。
オススメライター宛として招待券をいただけた場合は、オススメライターの手に届くようにします。
先行投資として考えてみても良いかも知れません。