FPAPニュース・お知らせ

<< 20年間毎月のように九州の演劇を観てきたという西日本新聞の記者が、半年ぶりに観た福岡の演劇についてのコラムを投稿している。 | TOP | 長崎のアトリエPentAが、月に1度行う提携公演【ペンタの日】の2021年度の参加団体・個人を募集している。利用料は会場・付帯設備費込み5万円(税別)で、最大3日間利用できる。全国から応募可能。締切は11/16(月)必着。 >>

日本劇作家協会九州支部による「月いちリーディングin宮崎」が、現在参加予約を受付中。戯曲は劇団ゼロQ所属の原口奈々氏作『かぜ とおる』。参加費は無料。11/7(土)宮崎・JR三股駅内 M★うぃんぐにて。

2020.10.31 Saturday | ニュース

11/7(土)、日本劇作家協会九州支部による月いちリーディングが行われる。
第6回となる今回の戯曲は、劇団ゼロQ所属 原口奈々氏作『かぜ とおる』。

月いちリーディングとは、
戯曲のリーディング後、ファシリテイター、アドバイザー、出演者、観客で、
戯曲のブラッシュアップに向けたディスカッションを行うというもの。

参加費は無料、現在予約受付中。

----
月いちリーディングin宮崎

【戯曲】
「かぜ とおる」
作・原口奈々(劇団ゼロQ)

【日時】
2020年11月7日(土)18:30〜2130

【会場】
M★うぃんぐ(JR三股駅内多目的ホール)

【ファシリテイター】
永山智行(劇団こふく劇場)

【アドバイザー】
泊 篤志(飛ぶ劇場)・大迫旭洋(不思議少年)

【出演者】
有村香澄(劇団こふく劇場)
神水流じん子(劇団25馬力)
小牧祐菜(みやざき演劇若手の会)
成合朱美(劇団SPC)
雕戎鮃澄雰狠弔海佞劇場)
原田千賀子(劇団ゼロQ)


予約方法など、詳細は下記より
https://www.facebook.com/jpwa.kyushu/
author : fpap | - | -