FPAPニュース・お知らせ

<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

8月16日「福岡市文化芸術振興ビジョン」への意見集約を目的とした会が開催される。

2018.08.14 Tuesday | ニュース

福岡で活動するアーティスト、アートマネージャー、文化政策の研究者14名が発起人となって「福岡文化芸術振ビジョンを語る会」が開催される。
 建設的で自発的な意見や提案を行い、行政と民間の立場を越えて、これからの福岡市の文化芸術環境のビジョンを共有する手がかりにしたいとのこと。

 福岡市では2008年に策定した「福岡市文化芸術振興ビジョン」の計画推進期間の10年間が経過し、今年度、次期10年間のビジョンの検討をしている。

 また10年前の2008年にも、趣旨を同じくする福岡のアートシーンについて考える集まりが開催されている。

「福岡のアートシーンについて考えてみませんか」
  〜福岡市文化芸術振興ビジョン(案)パブリックコメントに向けて〜
 https://is.gd/ekEj0g

 10年前の提言がどのように活かされたのか、そして今回の会が有意義な成果につながることを願いたい。

「福岡市文化芸術ビジョンを語る会」
http://www.as-tetra.info/archives/2018/180816000001.html
author : fpap | - | -

8/21(火)・8/22(水)に存在の危機から再建、リニューアルを計画している甘棠館show劇場の支援ライブが決定した

2018.08.14 Tuesday | ニュース

福岡の小劇場界でも多くの利用がある甘棠館show劇場。
存在の危機から再建、リニューアルを計画している甘棠館show劇場の支援ライブが8月21日(火)・22日(水)に行われることが決定した。福岡のタレント、芸人、アーティストが集結。売上は全て甘棠館show劇場のリニューアル資金となる。

出演者情報などの詳細は支援ライブHP
https://info03967.wixsite.com/nocameranomic
author : fpap | - | -

しばらく主流だったというハッピーエンドの「リア王」を含む『王政復古期シェイクスピア 改作戯曲選集』(鹿児島近代初期英国演劇研究会訳)が、九州大学出版会より出版されている。これらの戯曲の日本語訳の書籍はこれまでなかったとのこと。

2018.08.11 Saturday | ニュース

『王政復古期シェイクスピア 改作戯曲選集』が九州大学出版会より出版されている。
書籍としては、鹿児島近代初期英国演劇研究会が初めて日本語に訳したとのこと。

記事によると、
悲劇として知られる「リア王」は、十九世紀半ばまでハッピーエンドの改作版が上演されていたとのこと。

『王政復古期シェイクスピア 改作戯曲選集』 鹿児島近代初期英国演劇研究会訳
https://www.yomiuri.co.jp/life/book/review/20180528-OYT8T50061.html
author : fpap | - | -

神戸アートビレッジセンター主催「KAVC 演劇人 Play & Session vol.1」ゲストに北九州を活動拠点とするブルーエゴナクの穴迫信一氏が登場

2018.08.09 Thursday | ニュース

兵庫・神戸アートビレッジセンター(KAVC)の舞台芸術プログラムディレクター・ウォーリー木下氏がナビゲーターを務める新企画「KAVC 演劇人 Play & Session vol.1」が、8月11日に同劇場で開催される。
「KAVC 演劇人 Play & Session」は、「演劇人は何を考えているのか?」「演劇の置かれている状況は地域によって違うのか?」をテーマに、演劇やパフォーミングアーツの関係者を別々のエリアから招き、ワークショップとトークを行うイベント。
今回のゲストには北九州を活動拠点とするブルーエゴナク主宰・穴迫信一氏が招かれている。


詳細は神戸アートビレッジセンターHP
https://www.kavc.or.jp/events/3126/
author : fpap | - | -

福岡市民会館が、小学生を対象としたワークショップ「劇場スキル」の参加者を募集中。舞台の特殊効果や舞台用語を楽しく学べる内容となっている。

2018.08.06 Monday | ニュース

福岡市民会館が、小学生を対象としたワークショップの参加者を募集している。

福岡市を拠点に活動する劇団FOURTEEN PLUS(フォーティーンプラス)が企画協力し、舞台の特殊効果や舞台用語を楽しく学べる内容となっている。

■日程
2018年8月18日(土)
 10:30〜
 14:30〜

■場所
福岡市民会館 練習室B

■対象
小学生(保護者1名付添可)

■定員
各10名程度(先着順)

■詳細
福岡市民会館HP
author : fpap | - | -

日本劇作家協会が『豊』をテーマとした15分程度の短編戯曲を募集する。1月の日本劇作家大会 大分大会内「リーディングフェスタ」にて、選ばれた戯曲によるリーディング企画が行われる。応募期間は8/7(火)〜9/30(日)。応募資格は不問で、メール受付のみ。

2018.08.04 Saturday | ニュース

日本劇作家協会が、短編戯曲を募集する。

応募の中から3〜4作品が選ばれ、
選ばれた戯曲は、1月に行われる日本劇作家大会 大分大会内「リーディングフェスタ」にて、ブラッシュアップのためのリーディングとトークセッションが行われる。

この募集は賞ではなく、作者へのフィードバックを目的としたリーディングを行う戯曲を決めるための企画であるとのことで、注意事項として

・上演料の支払いはないこと
・選ばれた戯曲の作者は、1/27(日)にホルトホール大分で行われるリーディングフェスタに、できれば参加すること

などが書かれている。


募集する戯曲のテーマは、《豊後国》に因んで『豊』。

上演時間15分以内を想定した短編戯曲を、1人1作品応募できる。

若手・新進劇作家はもちろんのこと、これから戯曲を書くことを考えている人や、俳優として活動している人にも挑戦しやすい企画としている。

また、必ずしも完成度の高い戯曲ではなく、題材の扱い方が特徴的であることや、表現を深める可能性を持った戯曲が選ばれる場合があるとのこと。

応募期間は8/7(火)0:00〜9/30(日)23:59まで。
応募資格は不問で、メール受付のみ。


応募規定や必要書類ほか、詳細は下記より
短編戯曲募集!|日本劇作家協会HP
日本劇作家大会2019大分大会|日本劇作家協会HP
author : fpap | - | -

明治維新150年記念事業の一環として、鹿児島演劇協議会に参加する団体が、西郷隆盛を主役とした歴史創作劇を上演する。明日8/3(金)〜5(日)の3日間で、チケットは完全予約制。

2018.08.02 Thursday | ニュース

明治維新150年記念事業の一環として、鹿児島演劇協議会に参加する団体が、西郷隆盛を主役とした歴史創作劇を上演する。

2014年から続いている『薩摩維新ふるさと博』のなかで行われてきた『武家屋敷ミニお芝居』を、今年は記念事業として60分に拡大。
毎公演後には、専門家を交えたアフタートークも行われる。

演出は、劇団「上町クローズライン」代表の宇都大作氏がつとめ、
主役となる西郷隆盛は、劇団「鳴かず飛ばず」主宰の米田翔太氏がつとめる。

南日本新聞の記事のなかで、維新ふるさと館の的場館長は、
「歴史を分かりやすく楽しく伝える地元劇団の頑張りに期待している」と話している。

チケットは完全予約制で、公演は各日19:00のみの全3公演。

-----

創作歴史芝居&歴史トークショー
ぼっけもんの夏〜菊次郎と麗しきおごじょたち

【日時】
2018年8月3日(金)〜5(日)
各日19:00開演(18:30開場)のみ

【会場】
維新ふるさと館 体感ホール

【チケット】
2000円
※完全予約制/毎公演130名まで


チケット購入方法ほか、詳細は以下より
維新ふるさと館特別展(2)創作歴史芝居&歴史トークショー ぼっけもんの夏〜菊次郎と麗しきおごじょたち|FaceBook
author : fpap | - | -

埼玉県東松山市が創設した「東松山戯曲賞」の募集期間が、残り1か月に迫る。設定されたテーマに沿う、未発表・未上演の戯曲のみ応募が可能。全国から募集をしており、優秀作には賞金50万円が贈られる。締切は8/31(金)※当日消印有効

2018.07.31 Tuesday | ニュース

埼玉県東松山市が「〜平成家族物語〜舞台芸術によるまちづくりプロジェクト第1弾」として創設した、
全国を対象とする「東松山戯曲賞」の募集期間が残り1か月と迫っている。

このプロジェクトは、各地が「ゆるキャラ」や「ご当地グルメ」で地域再生活動を推し進めるなか、『演劇』のちからで地方創生を試みるというもの。

関連ニュースによれば、これまで、人口10万人未満の自治体では戯曲公募の事例はないとのこと。

-----
東松山戯曲賞

【応募内容】
「大都市周辺の街」「家族」「希望」の3つをテーマとした、日本語による、未発表・未上演の戯曲

【対象】
全国

【応募規約】
・一人一作品のみ応募可能
・平成30年度より3年にわたり、朗読劇、演劇、音楽劇として上演する予定
・年齢、性別、国籍等は一切問わない


【選定委員】
岩松了
岩崎正裕
桑原裕子
瀬戸山美咲
渡辺弘

【優秀作】
賞金 50万円

【募集期間】
平成30年5月1日〜平成30年8月31日
※当日消印有効

【応募方法】
送付または持参

【発表時期】
平成30年10月中旬〜11月上旬(予定)
※決定次第HP上にて発表

応募に関する詳細などは以下関連サイトより
東松山戯曲賞
公益財団法人東松山文化まちづくり公社FaceBook
author : fpap | - | -

宮崎県立芸術劇場が企画・広報職と舞台技術職で正職員を募集している

2018.07.29 Sunday | ニュース

宮崎県立芸術劇場が正職員を募集している。

募集職種は以下のとおり。

【企画・広報担当職】
類似施設、イベント会社等において、広報、企画・制作、公演担当等の職務経験、または、同等の知識があること 

【舞台技術担当職】
劇場等における舞台芸術に関わる舞台技術の実務経験があり、ホール運営の業務に興味のある人。


応募締切は8月31日までで、採用決定日は9月27日までとのこと。

詳細はネットTAMにて。
https://www.nettam.jp/career/detail.php?no=22030
author : fpap | - | -

【締切迫る】日本劇作家協会が主催する「第24回劇作家協会新人戯曲賞」の応募締切が、8/1(水)に迫っている(※当日消印有効)。最終審査は、来年1月に大分で開催される「日本劇作家大会 2019 大分大会」内で行われ、その場で受賞作が決定する。

2018.07.28 Saturday | ニュース

日本劇作家協会が主催する「第24回劇作家協会新人戯曲賞」の応募締切が、8/1(水)に迫っている。※当日消印有効

応募資格は不問(「自らを新人と思う者」)で、一人一作品のみ応募可能。

最終審査会は、2019年1月24日(木)〜27日(日)に大分県大分市で開催される
「日本劇作家大会 2019 大分大会」にて行われ、
一般に公開されているその場で、受賞作が決定するという。

この戯曲賞の最終審査員は《劇作家協会会員 7名》とされているが、
応募者の希望の集計により選ばれるため、現時点では未定。

-----

第24回劇作家協会新人戯曲賞

[応募受付期間]
2018年7月1日(日)〜8月1日(水)※消印有効

[応募資格]
不問(自らを新人と思う者)

[応募作品]
2017年8月1日〜2018年7月31日までに日本語で書かれた作品で、書籍あるいは雑誌に未発表のもの
※上演したことのある作品も応募可能

[賞]
劇作家協会新人戯曲賞1編
正賞:時計 副賞:賞金50万円

ほか応募方法など詳細は下記より
第24回劇作家協会新人戯曲賞 募集要項
author : fpap | - | -