FPAPニュース・お知らせ

<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

年齢・演劇経験不問。久留米シティプラザが2017年度、くるめ演劇塾の参加者を募集。明日3/27より受付開始。

2017.03.26 Sunday | ニュース

久留米シティプラザが、2017年度もくるめ演劇塾を開催する。
期間は、2017年5月〜7月(前期)、2017年9月〜2018年1月(後期)で、明日3/27より前期の申込受付を開始する。年齢・演劇経験は不問。

1回500円、単発で参加可能なアテインコースと、継続してレッスンに参加し、終了時に発表公演をおこなうプラ座コースの2コースがある。

講師は、小松杏里氏(久留米シティプラザ ドラマアーツ・ディレクター)、池田美樹氏(劇団きらら)、川口大樹氏(万能グローブ ガラパゴスダイナモス)、大塚ムネト氏(ギンギラ太陽's)らが務める。


小松杏里のくるめ演劇塾 2017年度前期

開催日時:2017年5月16日(火) 〜 2017年7月29日(土) ※詳細スケジュールはリンク先参照
募集定員:各コース20〜25名
開催場所:久留米シティプラザ
講師:
小松杏里:塾長/常任
アテインコース:池田美樹、川口大樹、高野桂子、吉柳佳代子、青柳達也、岡崎賢一郎
プラ座コース:今村貴子、大塚ムネト


詳細は下記URLより
http://kurumecityplaza.jp/events/301
author : fpap | - | -

公益信託熊日文化スポーツ基金の29年度募集要項が公開されている。 熊本県内の団体や熊本出身者の文化活動に助成。

2017.03.23 Thursday | ニュース

公益信託熊日文化スポーツ基金の29年度募集要項が公開されている。
演劇の分野だと、熊日市民活動助成金と熊日芸術文化奨励金の申請区分で応募可能。

市民活動助成金は、熊本県民による団体もしくは熊本県内で活動する団体・個人が対象。演劇の創作・上演でも申請ができる。
奨励金のほうは県外で活動する熊本県出身者も対象となっている。

1件当たりの助成は50万円限度(標準は10万円)。
募集期間は以下の通り。

1回目 平成29年4月1日(土)〜平成29年4月28日(金)
2回目 平成29年10月1日(日)〜平成29年10月31日(火)

募集要項、申請書(リンク先からダウンロード可能)
三井住友信託銀行|募集案内一覧(奨学金・研究助成金等)
教育・スポーツ・芸術・文化振興の枠の上から3番目
http://www.smtb.jp/personal/entrustment/management/public/example/list.html#Education-Sport-Art-Culture
author : fpap | - | -

【3人のライターが福岡のオススメ演劇公演を紹介】2017年4月のオススメ公演をアップ。 かぶりもの劇団の新作、他多数の公演が注目されています。

2017.03.18 Saturday | お知らせ

2017年4月のオススメ公演の記事をアップしました。

http://www.fpap.jp/recom/

過去の記事が表示される場合はキャッシュが残っている可能性があります。お手数ですが、再度読み込んで見て下さい。
author : fpap | - | -

【4/15.16】佐賀で、子どもから大人まで参加できる演劇ワークショップが開催される。

2017.03.16 Thursday | ニュース

4/15、16に佐賀で、子どもから大人まで参加できる演劇ワークショップ「えんげき体験広場」が開催される。

創造演劇舎ここのま☆きてん主宰で、劇団Ziシアター代表の辻恵子氏が主催するもの。3コース開催され、現在参加者を募集している。
ワークショップの進行は辻恵子氏、小松原修氏が進行役を務める。

【A】 子どもに関わる人の為のインプロ(即興)
 日時/4月15日(土)18:30〜20:30
 会場/アバンセ2階 音楽スタジオ
 対象/高校生〜大人  参加費/2,000円
 内容/日々は即興の連続! 演劇は人と人との関わり。
    インプロという手法を通して「失敗すること」にチャレンジします!
 進行役/小松原 修


【B】 からだとことばで表現遊び♪
 日時/4月16日(日)10:00〜11:30
 会場/アバンセ3階 和室
 対象/小学生〜大人  参加費/無料
 内容/遊びの中で楽しみながら、 自分のアイデアを表現していきます。
     大人も子どもも一緒に遊んじゃいましょう☆
 進行役/辻 恵子


【C】 演じる 〜脚本を読んでみる〜
 日時/4月16日(日)13:30〜16:00
 会場/アバンセ2階 音楽スタジオ
 対象/中学生〜大人  参加費/1,000円
 内容/短い脚本を使って、台詞の読み解きや読み方、
    役を演じるということを考えていきます。
 進行役/辻 恵子

詳細は下記URLより。
http://kekot.exblog.jp/23715735/
author : fpap | - | -

60歳以上が対象。福岡市内パピオビールームで初心者向け、短期演劇ワークショップ(全7回)開催。

2017.03.13 Monday | ニュース

4月より、60歳以上を対象とした演劇ワークショップが、福岡市博多区千代のパピオビールームで行われる。

この企画は、6/3,4に開かれる全国シニア演劇大会in福岡の準備企画として開催。

合計7回、2ヶ月にわたるワークショップを経て、全国シニア演劇大会での発表も予定されている。

チラシ、詳細は下記URLより。
ももちパレス (ももち文化センター)facebook
https://www.facebook.com/plugins/post.php?href=https%3A%2F%2Fwww.facebook.com%2Fpermalink.php%3Fstory_fbid%3D1789540394655494%26id%3D1509897599286443%26substory_index%3D0
author : fpap | - | -

3/18に熊本県立劇場で、こころの復興推進事業「アートキャラバンくまもと」のキックオフ企画として、トークイベント「平田オリザさんと“かたる”〜小さなマチの新しい未来〜」が実施される

2017.03.12 Sunday | ニュース

熊本県立劇場が2016年に起きた熊本地震を受けて、こころの復興推進事業「アートキャラバンくまもと」を行う。3月18日にそのキックオフ企画として、東北の復興に関わり続けている平田オリザ氏を招いてのトークイベント「平田オリザさんと“かたる”〜小さなマチの新しい未来〜」が行われる。

平田オリザ氏の東北での活動は、NHKの番組『東北発☆未来塾』内でも復興と演劇をテーマに取り上げられたことがあり、概要はNHK過去の放送内容のアーカイブで読むことができる。

アートキャラバンくまもと|熊本県立劇場
http://fukkou.kengeki.or.jp/art-caravan/

「教えてオリザ先生!演劇と復興のすてきな関係ってナニ?」|未来塾WEBサイト
http://www.nhk.or.jp/ashita/miraijuku/archives/150406.html
author : fpap | - | -

「利賀演劇人コンクール2017」の開催概要が発表された。

2017.03.10 Friday | ニュース

「利賀演劇人コンクール2017」の開催概要が発表された。
同コンクールは、「地域を越え、国際的に活躍できる演出家の発掘と養成」をコンセプトに毎年開催されている。コンクールの内容は、課題戯曲より1作品選んで、演出、構成するというもの。

受賞者には、賞金が授与される他、利賀芸術公園でのレジデンス制作、フランス・ジュヌビリエ国立演劇センターとの交換プログラムへの参加、舞台芸術フェスティバル等への参加等、数年にわたる支援がおこなわれる。

今年は賞金総額が大幅に増額され、昨年の100万円の倍の金額にあたる200万円となっている。
審査は2段階で、第一次審査は書類審査、第二次審査は一般公開の上演審査という形で行われる。

応募〆切:2017年4月10日(月)必着

第二次審査期間:7月20日(木)から7月30日(日)(移動日・仕込日を含む。上演日は7月23日(日)〜7月29日(土))

会場:富山県利賀芸術公園

課題戯曲:
A:『胎内』三好十郎
B:『熊野』三島由紀夫
C:『温室の前』岸田國士
D:『タルチュフ』モリエール
E:『青い鳥』メーテルリンク
F:『サロメ』オスカー・ワイルド

■審査員(50音順)

石川直樹(写真家)
蔦森皓祐(俳優・SCOT所属)
中島諒人(演出家・鳥の劇場芸術監督)
平田オリザ(舞台芸術財団演劇人会議理事長・青年団主宰・こまばアゴラ劇場芸術総監督・劇作家・演出家)
宮城聰(演出家・SPAC-静岡県舞台芸術センター芸術総監督)


詳細は下記URLより。

利賀演劇人コンクール
http://togaconcour.tumblr.com/
author : fpap | - | -

演劇等の芸術の情報が集まる、文化芸術情報館アートリエ(福岡市)が、4月から移転。

2017.03.09 Thursday | ニュース

福岡市文化芸術振興財団が運営する、文化芸術情報館アートリエが4月より同財団事務所内に移転する。

現在の福岡アジア美術館内での営業は3月31日まで。
移転後は4/3よりチケット販売等の受付カウンター業務を、4/10より文化芸術コーナー(イベントチラシ、文化芸術関連書籍を設置)を再開するという。

<移転先>
移転先住所
〒810-0802 福岡市博多区中洲中島町3-10 福岡県消防会館6階
(公財)福岡市文化芸術振興財団 内

営業時間 9:30〜17:30

休業日 土曜日、日曜日、祝休日、年末年始(12月29日〜1月3日)

詳細は下記URLより。

http://www.ffac.or.jp/news/detail184.html
author : fpap | - | -

地元長崎の5劇団が集結。3/11より第65回長崎市民演劇祭が開催される。

2017.03.07 Tuesday | ニュース

3/11より、第65回長崎市民演劇祭が開催される。
3/11〜20の期間中、長崎市を拠点に活動する5劇団が、会場の長崎市チトセピアホールにて公演をおこなう。

■出演団体および上演日時
劇団アクターズ
「シンデレラストーリー パート2」
3月11日(土)開演19:00
3月12日(日)開演14:00

F’s Company
「あたたかいねこ」
3月17日(金)開演19:30
3月18日(土)開演18:00

諷気者芸劇団
「袋小路の奇跡〜Underground rhapsody〜」
3月19日(土)開演18:00

劇団TABIHAKU
「みんなにとどけ♪〜天の笛」
3月20日(月・祝)開演14:00

劇団T・O・P
「すったもんだは藪の中」
3月20日(月・祝)開演15:00


■料金
【前売】 一般:1,500円/中高生:500円【2作品鑑賞チケット】2,000円
【当日】 一般:1,800円/中高生:500円 小学生以下:無料

詳細は下記URLより。

長崎市|第65回長崎市民演劇祭のお知らせ
http://www.city.nagasaki.lg.jp/shimin/190001/191001/p026483.html
author : fpap | - | -

くまもと高校生演劇祭が3/30(木)熊本県立劇場で開催される。

2017.03.02 Thursday | ニュース

『くまもと高校生演劇祭2017』が3/30(木)、熊本県立劇場 演劇ホールにてがおこなわれる。

上演審査という形で、一次審査(脚本審査)を通過した4作品と、特別上演として、熊本聾学校高等部による『その時僕たちは〜熊本地震〜』(第3回全国高校生手話パフォーマンス甲子園優勝作品)を上演。

審査員は、平田オリザ氏、岡田利規氏、大塚ムネト氏らが務める。


くまもと高校生演劇祭2017
日時:平成29年3月30日(木)開場12:30 開演13:00
会場:熊本県立劇場 演劇ホール
入場料:大人500円 高校生以下無料

・審査委員長
平田オリザ氏(劇団 青年団 主宰)

・ゲスト審査員
岡田利規氏(劇団 チェルフィッチュ 主宰)、大塚ムネト氏(劇団 ギンギラ太陽's 主宰)

----------------------------------------

上演作品

【入賞作品】(脚本審査通過作品)
『マージナル・マン』青薔薇(第二高校/作: 山北満貴)
『宣戦布告』革命屋(第二高校/作: 静原朝)
『もてない もたない もらえない』学付の三剣士(学園大付属高校/作: 梅山隆博)
『村上君のポテトチップスBOX』マシュマロチョコレートトースト(学園大付属高校/作: 寺井日向世)

【特別上演】第3回全国高校生手話パフォーマンス甲子園優勝作品
『その時僕たちは〜熊本地震〜』(熊本聾学校高等部のみなさんによる「手話語り」)
----------------------------------------

詳しくは公式サイトから
くまもと高校生演劇祭2017
http://www.bunkabunka.net/2017_contest_decision.html
author : fpap | - | -