FPAPニュース・お知らせ

<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

宮崎・鹿児島の個人や団体が応募できる「宮崎銀行ふるさと振興助成」が、7月31日まで助成先を募集中。地方創生(文化芸術)部門も最高100万円。

2018.06.23 Saturday | ニュース

宮崎・鹿児島の個人や団体が応募できる「宮崎銀行ふるさと振興助成」が、
助成先を募集している。

産業開発部門やベンチャー企業部門と地方創生部門などがあり、
地方創生の中に県産品、地域振興、文化芸術が含まれる。

そのため、文化芸術が採択されていない年度もあるが、
直近では平成28年に、特定非営利活動法人きりしま創造舞台が、
「霧島市を日本一の演劇の街に〜地方創生(風)は南から〜」
で助成を受けている。

各部門それぞれ最高100万円の助成となっており、
応募には、宮崎銀行の各営業部店など、
指定されたいずれかの推薦が必要となっている。

なお、宮崎県と鹿児島県では要綱が異なるため、
応募の際は注意されたい。

詳細は、下記のサイトより。

一般財団法人みやぎん経済研究所
http://www.mkk.or.jp/
author : fpap | - | -

第67回長崎市民演劇祭が平成31年3月16日(土)〜24日(日)で長崎市千歳町のチトセピアホールで行われることが発表された。現在、参加団体を募集中。締切は8月31日(金)戦後間もない1952年から継続して開催されている九州の中でも歴史ある演劇祭である。

2018.06.22 Friday | ニュース

今年度で67回目の開催を迎える長崎市民演劇祭が、
長崎市千歳町のチトセピアホールで行われることが発表された。

会期は平成31年3月16日(土)〜24日(日)まで。
参加のメリットとしてホール使用料が免除となる。

応募方法は応募用紙に必要事項を記入し、活動実績がわかる資料(チラシ・パンフレット等)を同封の上、
ファンタジーアートNAGASAKI内 「長崎市民演劇祭出演団体募集」係に郵送とのこと。
締切は8月31日(金)

戦後間もない頃から継続して開催されてきた、九州の中でも歴史ある演劇祭である。


募集の詳細は長崎市HPにて
http://www.city.nagasaki.lg.jp/shimin/190001/191001/p023997.html
author : fpap | - | -

キャナルシティ劇場にてロングラン上演中、劇団四季『リトルマーメイド』で多言語字幕サービスがスタートした

2018.06.18 Monday | ニュース

現在キャナルシティ劇場でロングラン上演中のミュージカル『リトルマーメイド』にて、「字幕グラス」を使用した多言語字幕サービスが始められた。海外からの観客の要望に応えるとともに、国内の聴覚障がいを持つ人も舞台を楽しめるよう、2018年2月『ライオンキング』札幌公演に続いて実施されるもの。
字幕は英語・中国語・韓国語に対応可能。11月3日(土)の千秋楽公演まで実施予定。

詳細は劇団四季HP
https://www.shiki.jp/navi/news/renewinfo/030638.html
author : fpap | - | -

福岡市文化芸術振興財団の機関誌『wa』vol.78夏号が発行された。福岡の劇団、万能グローブ ガラパゴスダイナモスの脚本・演出家、川口大樹氏のコラム「嬉しいこと 楽しいこと」が掲載されている。

2018.06.16 Saturday | ニュース

福岡市文化芸術振興財団の機関誌『wa』vol.78夏号が発行された。

FFACが1999年に創刊した無料の情報誌で、「福岡でおすすめのアートイベント情報や、国内外で活躍する著名なアーティストによるエッセイや対談、劇作家によるコラムなど」を発信する内容となっている。

今号は、福岡の劇団、万能グローブ ガラパゴスダイナモスの脚本・演出家、川口大樹氏のコラム「嬉しいこと 楽しいこと」が掲載されている。

「僕たち大人は、子どもたちに繋がりを楽しむことを伝えるのを、決して諦めちゃいけないと思う」と、子どもたちが演劇に関わる際の大人のあり方について語られている。

機関誌「Wa」はサイトでも読むことができる。

機関誌「Wa」|公益財団法人福岡市文化芸術振興財団
http://www.ffac.or.jp/wa_organ/

財団機関誌『wa』主な設置箇所|公益財団法人福岡市文化芸術振興財団
http://www.ffac.or.jp/wa_organ/wa_installation.pdf
author : fpap | - | -

平成30年度福岡市民芸術祭の第二次募集中。今年は募集期間が早く、締切は6/30

2018.06.14 Thursday | ニュース

10月1日(月)から12月31日(月)の期間中に福岡市内の会場で公開される文化芸術行事を対象とした福岡市民芸術祭が開催される。
文化芸術に関する行事であれば、ジャンルや規模は問わないとのこと。
参加メリットとしては、広報協力、奨励金の贈呈(5,000円)、福岡市/(公財)福岡市文化芸術振興財団の後援、施設使用料の減免を受けられることなどがある。

※奨励金の贈呈、施設使用料の減免については要件や規定がある場合が
あるので要確認。

詳細は福岡市民芸術祭公式HP
https://fcaf.jp/about/
author : fpap | - | -

FFACが実施する「FFACステップアップ助成プログラム」が、平成30年度の助成事業を募集中。演劇・ダンス・音楽などのジャンルから、今年8月〜来年2月に福岡市内で実施されるものが対象。助成額は10〜50万。締切は6/25(月)17:00 ※持参のみ受付

2018.06.12 Tuesday | ニュース

(公財)福岡市文化芸術振興財団が実施する「FFACステップアップ助成プログラム」が、30年度の助成対象事業を募集している。

演劇・ダンス・音楽・伝統芸能など、対象となっているジャンルで活動している団体・個人に向け、平成25年度からスタートした助成プログラムである。

福岡の文化芸術シーンをさらに活性化させる、意欲あふれる取組みを募集している。

-----
「FFACステップアップ助成プログラム」

[対象となる部門]
A)創造活動部門
B)文化団体等活動支援部門
C)人材育成・環境整備部門

※今年度は、昨年度から募集内容が一部変更になっている。変更点の詳細は募集案内のはじめに記載されている。

[助成 上限額]
A)創造活動部門・・50万円
B)文化団体等活動支援部門・・10万円
C)人材育成・環境整備部門・・50万円

[助成対象期間]
平成30年8月1日(水)〜平成31年2月28日(木)

[申込締切]
6月25日(月)17:00

[申請方法]
直接持参のみ ※前日までに電話にて提出日時の打合せが必要

-----
申込書や募集についての詳細は以下HPより
平成30年度 FFACステップアップ助成プログラム募集
FFACステップアップ助成プログラム
author : fpap | - | -

久留米市日吉町に先月、新たに大衆演劇の芝居小屋「楽笑演劇殿(らくしょうえんげきでん)」が開設された。大衆演劇に魅せられたファンが1年でオープンに漕ぎ着けたとのこと。

2018.06.11 Monday | ニュース

久留米市日吉町に先月、新たに大衆演劇の芝居小屋「楽笑演劇殿(らくしょうえんげきでん)」が開設された。
大衆演劇に魅せられたファンが1年でのオープンしたとのこと。

5月31日にこけら落としを終え、
6月いっぱいは「劇団ふじ」が公演中。

久留米に15年ぶり ファン開設 只隈さん、大衆演劇と出合い1年で /福岡|毎日新聞
https://mainichi.jp/articles/20180607/ddl/k40/040/402000c

楽笑演劇殿|Twitter
https://twitter.com/rakushouengeki
author : fpap | - | -

博多座が高校生以上の学生を対象にしたミュージカル教室の参加者を募集している。 『1789 -バスティーユの恋人たち-』 を観劇後、 ダントン役上原理生氏によるミュージカル講座を受講することができる。 受講料・観劇料は無料。

2018.06.07 Thursday | ニュース

博多座が高校生以上の学生を対象にしたミュージカル教室の参加者を募集している。

"もっと知りたい!ミュージカルの魅力”と題されたこのミュージカル教室では、
『1789 -バスティーユの恋人たち-』 を観劇後、ミュージカル講座を
受講することができる。

ミュージカル『1789 -バスティーユの恋人たち-』でダントン役を務める
上原理生氏が講師を務め、ミュージカルや『1789 -バスティーユの恋人たち-』
の魅力について語る。

受講料・観劇料は無料。

【日程】
平成30年7月15日(日)

【時間】
観劇
12:00〜15:00(予定)
ミュージカル教室
16:00〜17:00

【対象】
高校生以上の学生の方(大学生・大学院・専門学校可)

【定員】
100名

【お申込み締切】
平成30年6月15日(金)午後6時必着

【お申込み方法】
ハガキまたはFAX

【FAX】
092-263-3630

■詳細
http://www.hakataza.co.jp/news/detail.php?id=668
author : fpap | - | -

佐賀演劇連盟が、今年度(2018年6月〜2019年5月)の 新しい会員となる団体&個人を募集している。 入会金は0円、年会費は団体2000円、個人1000円。

2018.06.05 Tuesday | ニュース

佐賀演劇連盟が、今年度(2018年6月〜2019年5月)の
新しい会員となる団体&個人を募集している。

佐賀演劇連盟は、佐賀県における演劇文化活動の活性化に貢献することを目的とし、2008年に発足したもの。

入会金は0円、年会費は団体2000円、個人1000円。
期間は毎年6月から翌年5月までの1年間で、途中入会も可能。

【お問合せ先】 090-8915-3216

■詳細
http://yaplog.jp/saga_gekiren/archive/160
author : fpap | - | -

来年7月に佐賀で開催される「第43回全国高等学校総合文化祭(2019 さが総文)」の構成劇の出演者を募集している。対象は、佐賀県内の高校、県外の高校文化連盟加盟校に在籍する高校1・2年生。募集人数は約20名、演劇経験は不問。応募締切:6/22(金)必着

2018.05.31 Thursday | ニュース

来年7月に佐賀で開催される
「第43回全国高等学校総合文化祭(2019 さが総文)」の総合開会式で行われる
構成劇の出演者を募集している。

対象となるのは、
佐賀県内の高等学校、特別支援学校(高等部)、他県の高等学校(文化連盟加盟校)に在籍する1、2年生の生徒。演劇経験は問わないとのこと。

この構成劇は、佐賀市文化会館の大ホールで行われる。

脚本は、県立佐賀東高等学校演劇部顧問であり高校演劇の劇作家である彌冨公成氏、
演出は、ティーンズミュージカルSAGA代表の栗原誠治氏がつとめる。

-----
「第43回全国高等学校総合文化祭(2019 さが総文)」構成劇

1)平成30年10月14日(日)「2019さが総文」プレ大会・総合開会式
2)平成31年7月27日(土)「2019さが総文」総合開会式

[募集人数]
約20名

[応募締切]
平成30年6月22日(金)必着

[オーディション日]
平成30年7月8日(日)

[選考結果]
平成30年7月中旬までに各学校を通じて通知

[問い合わせ]
第43回全国高等学校総合文化祭 佐賀県実行委員会事務局
(佐賀県教育庁学校教育課 全国高総文祭推進室内)
0952-25-7462

募集要項・応募方法など、上記ほか詳細は以下HPより
「2019さが総文」総合開会式 第3部開催地発表(構成劇)出演キャストを募集します
author : fpap | - | -