FPAPニュース・お知らせ

<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

九州大谷短期大学で開講される夏の講座「はじめての文化交流〜講座編〜」の受講者を募集中。「文化交流」を始めるための基本を学べる内容となっている。

2018.07.22 Sunday | ニュース

九州大谷短期大学で開講される、夏の講座「はじめての文化交流〜講座編〜」の受講者の募集が開始している。

アートマネジメントに必要なもの、文化プログラムの役割、海外のアーティストたちとの活動など、これから「文化交流」を始めるための基本となる知識を学ぶことができる。

■日程
8月6日(月)〜8月7日(火)

■会場
九州大谷短期大学 演劇放送館2110教室

■参加料
学生1,000円 一般3,000円[2日通し]
/学生500円、一般1,500円[1日のみの参加]


<8月6日(月)>
13時〜14時30分
「アートをマネジメントする〜きほんのき〜」
高宮知数(立教大学社会デザイン研究所研究員)

14時40分〜16時10分
「文化プログラムの変遷と現状」
TOKYO2020組織委員会

16時20分〜17時50分
「公立文化施設のあゆみとこれからのミッション
〜サザンクス筑後のとりくみ〜」
久保田力(公益財団法人筑後市文化振興公社
(サザンクス筑後指定管理者)事務局長)

<8月7日(火)>
10時40分〜12時10分
「文化プログラムと社会デザイン」
中村陽一(立教大学大学院教授、
社会デザイン研究所所長)

13時〜14時30分
「アートをマネジメントする〜きほんのきパート供繊
若林朋子(立教大学大学院特任准教授/
プロジェクト・コーディネーター)

14時40分〜16時10分
「小さなAIR(アーティスト・イン・レジデンス)
〜地域へのひろがり〜」
大澤寅雄(ニッセイ基礎研究所芸術文化プロジェクト室)

16時20分〜17時50分
「3年間の取り組みにむけて」
大澤寅雄、若林朋子、司会:高宮知数


■申込方法等詳細
http://artlier.jp/recruiting/detail2317.html
続きを読む>>
author : fpap | - | -

鹿児島の劇団「鳴かず飛ばず」が、「劇トツ×20分」2018出場のため北九州への道中をブログでレポート 。

2018.07.20 Friday | ニュース

鹿児島の劇団「鳴かず飛ばず」が、「劇トツ×20分」2018出場の際の、鹿児島から北九州への道中のレポートをブログで公開している。

「劇トツ×20分」2018は、「上演時間は20分以内」「登場人物は3人まで」というルールのもと短編作品を製作し複数の劇団が競い合うもので、7月8日(日)に北九州芸術劇場で開催された。

レポートでは、西日本豪雨の為高速道路は寸断され一般道が大渋滞の中、12時間半かけて鹿児島から北九州へ向かう様子や、困難な状況の中公演に挑む様子が紹介されている。


■劇団鳴かず飛ばず ブログ
http://nakazutobazu.chesuto.jp/e1555321.html
author : fpap | - | -

日本劇作家協会が主催する「第24回劇作家協会新人戯曲賞」が7/1より応募を受付中。最終審査は、来年1月に大分で開催される「日本劇作家大会 2019 大分大会」内で行われ、その場で受賞作が決定する。応募締切は8/1(水)※当日消印有効

2018.07.19 Thursday | ニュース

日本劇作家協会が主催する「第24回劇作家協会新人戯曲賞」が、7/1より応募を受け付けている。

応募資格は不問(「自らを新人と思う者」)で、一人一作品のみ応募可能。

最終審査会は、2019年1月24日(木)〜27日(日)に大分県大分市で開催される
「日本劇作家大会 2019 大分大会」にて行われ、
一般に公開されているその場で、受賞作が決定するという。

この戯曲賞の最終審査員は《劇作家協会会員 7名》とされているが、
応募者の希望の集計により選ばれるため、現時点では未定。

-----

第24回劇作家協会新人戯曲賞

[応募受付期間]
2018年7月1日(日)〜8月1日(水)※消印有効

[応募資格]
不問(自らを新人と思う者)

[応募作品]
2017年8月1日〜2018年7月31日までに日本語で書かれた作品で、書籍あるいは雑誌に未発表のもの
※上演したことのある作品も応募可能

[賞]
劇作家協会新人戯曲賞1編
正賞:時計 副賞:賞金50万円

ほか応募方法など詳細は下記より
第24回劇作家協会新人戯曲賞 募集要項
author : fpap | - | -

大阪市内での公演であれば、他都市からも応募可能な、大阪市芸術活動振興事業が募集を受付中。締め切りは7月27日。

2018.07.16 Monday | ニュース

大阪市が、大阪市芸術活動振興事業を公募している。
大阪市内での公演が対象で、団体の活動拠点に制限はない。
過去、劇団ショーマンシップが助成を受けている実績がある。

■助成対象期間
平成30年10月1日(月曜日)から平成31年3月31日(日曜日)まで

■助成の金額
一般助成 助成上限20万円
(ガソリン代や高速代は計上できない)

詳細は大阪市HP
http://www.city.osaka.lg.jp/keizaisenryaku/page/0000180795.html
author : fpap | - | -

久留米シティプラザが初めての方でも参加できる「だれでもワークショップ」(演劇編)の参加者を募集している。7~8月にかけた全3回のプログラムで、劇団ブルーエゴナク代表 穴迫信一氏が講師を務める。

2018.07.15 Sunday | ニュース

久留米シティプラザが初めての方でも参加できる「だれでもワークショップ」の参加者を募集している。

7月と8月は「演劇編」として、演劇をいろいろな角度から体験する3回のプログラムとなっており、劇団ブルーエゴナク代表穴迫信一氏が講師を務める。

1回のみでも連続でも参加が可能。


■開催日時
全3回
 A.7月20日(金)
 B.7月25日(水)
 C.8月12日(日)

■参加費
1回500円

■募集定員
各回20人 ※先着順

■詳細
http://kurumecityplaza.jp/events/1037v
author : fpap | - | -

春日市ふれあい文化センターが「子どもがつくる!オリジナルショートムービー」 撮影ボランティアを募集

2018.07.13 Friday | ニュース

8月11、12日に行われる映画製作ワークショップ「子どもがつくる!オリジナルショートムービー」で、撮影のボランティアを希望する人を募集している。高校生以上であれば誰でも参加可能。

締切は7/30

詳細は春日市ふれあい文化センターHP
https://www.kasuga-fureai.jp/event/8378/
author : fpap | - | -

劇団ショーマンシップが甘棠館show劇場を再建・リニューアルする為のクラウドファンディングを立ち上げる。7/17(火)スタート、目標金額は500万円。7/3に千穐楽を迎えた公演「生きろ!」では、このプロジェクトに先駆けて67万4千円の支援を集めた。

2018.07.11 Wednesday | ニュース

唐人町商店街にある「甘棠館show劇場」を再建するため、劇団ショーマンシップがクラウドファンディングを立ち上げる。

『甘棠館・金印物語』と題し、「甘棠館show劇場」を《歴史と文化の情報発信施設》として再建、リニューアルするとのこと。

クラウドファンディングの立ち上げに先駆け、
7月3日に千穐楽を迎えた公演『生きろ!』では、カーテンコールでの発表にも関わらず67万4千円もの支援を集めた。

このクラウドファンディングで集まった支援は、大半を劇場施設の改装にあてるということだが、
劇場で行う公演やイベントを【外国語表記の字幕付きでネット配信できる環境】を整えていくなど、
インバウンド対策を備えた施設としても再建していくという。

プロジェクト開始は7月17日(火)。

支援額は3千円から250万円までと幅広く、リターンも劇団ならではの内容となっている。

詳細は下記HPより

----
商店街に劇場を残せ!新たなる「甘棠館(かんとうかん)・金印物語」プロジェクト|クラウドファンディングCAMPFIRE
https://camp-fire.jp/projects/view/69144?token=1tn1f491

劇団ショーマンシップ公式HP
http://www.showman.jp/
author : fpap | - | -

北九州芸術劇場が新作公演の出演者を募集している。モノレール車内を劇場に小倉の上空を走りながらお芝居を上演するというもので、作・演出は ブルーエゴナクの穴迫信一氏。

2018.07.09 Monday | ニュース

北九州芸術劇場が新作公演の出演者を募集している。
モノレール車内を劇場に小倉の上空を走りながらお芝居を上演するというもので、 今回で第5弾となる。
作・演出は北九州を拠点に全国で活躍するブルーエゴナクの穴迫信一氏が務める。

■オーディション日程
2018年9月29日(土)一次審査・30日(日)二次審査

■対象
・高校生以上・演劇経験不問
・稽古・公演の全日程に参加可能な方

■応募締切
2018年9月24日(月祝)必着

■詳細
http://q-geki.jp/events/2018/monorailbosyu/
author : fpap | - | -

10月にオープンする大分県竹田市の「グランツたけた」が、施設使用料を免除する市民企画を募集中。

2018.07.05 Thursday | ニュース

大分県竹田市の「竹田市総合文化ホール グランツたけた」が、
施設使用料を免除する「グランツたけた‟市民企画”応援プロジェクト」として、
舞台公演企画を募集している。

このホールは、平成24年7月の九州北部豪雨で閉館となった、
竹田市文化会館に代わるもので、
今年の10月にオープンする。

大ホールは698席、
多目的利用が想定された小ホールは、
スタッキングチェアを170席設置可能とのこと。

竹田市総合文化ホール グランツたけた
http://www.taketa-city.com/glanz/

竹田市総合文化ホールの愛称が「グランツたけた」に決定しました|竹田市役所
https://www.city.taketa.oita.jp/topics/?id=1923
author : fpap | - | -

公民が連携して公共サービスの提供を行う枠組み(PPP)のセミナーが、公共施設をテーマに掲げ、J:COMホルトホール大分で開催される。

2018.07.02 Monday | ニュース

公共施設のマネジメントにおいて全国で様々な取り組みが行われている。自治体の人を対象に「PPP(Public-Private-Partnership)と戦略的な公共施設マネジメントの推進に向けて」と題したセミナーが下記のとおり行われる。


開催日 8月9日(木) 13:00-17:15
会 場 J:COMホルトホール大分
主 催 日本管財株式会社 (国土交通省「PPP協定パートナー」)

詳細は九州PPPセミナーHP
https://www.kpppc.com/seminar/
author : fpap | - | -