FPAPニュース・お知らせ

<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

西日本新聞(6/24朝刊「もっと九州」)に、福岡と釜山の合同企画「HANARO project」と、韓国から客演を招いて上演する劇団「14+(フォーティーンプラス)」の記事が掲載された

2017.06.24 Saturday | ニュース

西日本新聞(6/24朝刊「もっと九州」)に、福岡と釜山の合同企画「HANARO project」と、韓国から客演を招いて上演する劇団「14+(フォーティーンプラス)」の記事が掲載された。

「HANARO project」は今年で4年目となるが、福岡と釜山の役者が共演するのは、今回初めてとのこと。

HANARO project
http://blog.livedoor.jp/hanaroproject/

14+(フォーティーンプラス)
https://www.fourteen-plus.com/
author : fpap | - | -

公益社団法人日本芸能実演家団体協議会[芸団協]が、実演芸術連携交流事業として、国内専門家フェローシップ制度の応募を受付中。今年度の募集締切は6/23(金)必着。

2017.06.21 Wednesday | ニュース

公益社団法人日本芸能実演家団体協議会[芸団協]では、
実演芸術連携交流事業として、国内専門家フェローシップ制度の応募を受け付けている。

実演芸術連携交流事業とは、
芸術団体、劇場・音楽堂などの実務者を対象に、新たな学びの場となる多様な現場体験と、人的交流の機会を提供する国内制度。

対象者には、研修期間中1日あたり5000円の研修日当が支給される。

【募集期間】
2017年4月24日(月)〜6月23日(金)※必着

【研修実施期間】
2017年9月〜2018年2月
※期間中に1ヶ月から6ヶ月程度を想定

応募方法等詳細はこちら
https://www.geidankyo.or.jp/renkeikoryu/
author : fpap | - | -

福岡県朝倉郡筑前町にある古い蔵を改装した新たな多目的アートスペース「space蔵」がオープン

2017.06.19 Monday | ニュース

福岡県朝倉郡筑前町にある古い蔵を改装した新たな多目的アートスペース「space蔵」がオープンした。

改装など準備にかかる作業はほぼ朝倉地区の業者で行われ地域密着型のホールとして新聞などに取り上げられている。演劇、音楽、落語、音楽など幅広いジャンルで使用が可能でレンタルにも対応している。



詳細は「space蔵」フェイスブックページで

https://www.facebook.com/spacekura/
author : fpap | - | -

福岡市文化芸術振興財団の機関誌『wa』vol.74秋夏号が発行された。小学4,5,6年生を対象にした夏休みの演劇ワークショップ、「アーティストとつくる」の過去のレポートと新たな募集が見開き1ページに掲載されている。

2017.06.15 Thursday | ニュース

福岡市文化芸術振興財団の機関誌『wa』vol.74秋夏号が発行された。

FFACが1999年に創刊した無料の情報誌で、「福岡でおすすめのアートイベント情報や、国内外で活躍する著名なアーティストによるエッセイや対談、劇作家によるコラムなど」を発信する内容となっている。

今号は、小学4,5,6年生を対象にした夏休みの演劇ワークショップ、「アーティストとつくる」の過去のレポートと新たな募集が見開き1ページに掲載されている。

機関誌「Wa」はサイトでも読むことができる。

機関誌「Wa」|公益財団法人福岡市文化芸術振興財団
http://www.ffac.or.jp/wa_organ/

財団機関誌『wa』主な設置箇所|公益財団法人福岡市文化芸術振興財団
http://www.ffac.or.jp/wa_organ/wa_installation.pdf
author : fpap | - | -

筑紫野市文化会館で行われる平田オリザ氏の演劇ワークショップ受講者・見学者を募集している

2017.06.13 Tuesday | ニュース

劇団青年団主宰の平田オリザ氏の演劇ワークショップが7月16日(日)〜9月24日(日)の7回のプログラムで開催される。アシスタントには劇団14+の村上差斗志氏。この講座では誰でも簡単に12分ほどの寸劇が作れるという内容。最終日には発表会と講演会が開催される。また、ワークショップの受講が難しい人には見学者の受け入れもあるとのこと。

詳細は筑紫野市文化会館ホームページより
http://chikushinoshi-bunka.fukuoka.jp/
author : fpap | - | -

戯曲も出店可能。第三回文学フリマ福岡が出店者募集(10/8開催、7/3締切)

2017.06.07 Wednesday | ニュース

福岡市天神の天神ビル11Fで10月8日に開催される「文学フリマ福岡」が出店者を募集している。
文学フリマでは、自らが著した作品を展示、販売することができ、小説、俳句、評論等の他、戯曲での出店も可能だ。2002年から東京を中心に、大阪、金沢などでも開催されており、福岡では今回が三回目の開催となる。

申込締切は7月3日。

文学フリマ福岡
開催日 :10月8日(日)11:00-16:00
開場  :天神ビル11F(福岡市中央区天神2-12-1)
出店料 :1ブース4000円。
申込締切:7月3日(月)

申込、詳細は下記URLより。
http://bunfree.net/
author : fpap | - | -

鹿児島にあるリゾートホテルが、6/30・7/1の2日間限定で1泊2日【演劇付き】宿泊プランを提案している。上演を行うのは埼玉県を拠点に活動するゲッコーパレード。

2017.06.06 Tuesday | ニュース

鹿児島県薩摩郡にあるインターナショナルゴルフリゾート京セラが、6月30日(金)・7月1日(土)の2日間限定で、観劇付き宿泊プランを提案している。

上演を行うのは、埼玉を拠点に活動しているゲッコーパレード(2015年〜)。
演劇やダンスを軸に、音楽、美術など舞台表現以外のジャンルの芸術家との共作を積極的に行っている。

この2日間の他に、6月26日(月)〜29日(木)の4日間でワークショップを実施予定。

宿泊プラン・ワークショップ共に、現在予約受付中である。


【宿泊プラン概要】

日程:平成29年6月30日・7月1日(2日間・全2回公演)
   第1章 16時半〜 客室
   第2章 翌朝8時半〜 レストラン

演目:盒兇い気鮑遏屬海海世韻力叩

料金:IGRドラマナイトプラン1泊2食演劇付
   ツインルーム1室2名利用 各15,000円(税込)/1名利用19,000円(税込)
   ※1日限定25組50名様


【ワークショップ概要】

日程:6月26日(月)〜29日(木)の4日間
   (ランチタイム朗読劇も開催)

料金:参加料3,500円(税込)
   ※ランチボックス付き


ほか詳細は下記URLより
インターナショナルゴルフリゾート京セラ公式
ゲッコーパレード公式
author : fpap | - | -

今年で54回目を迎える福岡市民芸術祭、2次募集受付中。10月1日から12月31日までの期間中に福岡市内の会場で公開される行事が対象。ジャンルも幅広く募集中。

2017.06.02 Friday | ニュース

今年で54回目を迎える福岡市民芸術祭が、2次募集を受け付けている。

福岡市民芸術祭とは、
福岡市民の文化芸術活動の発表の場、身近に触れ合う場として、毎年秋に開催されている「芸術のお祭り」である。

音楽・美術・演劇から漫画・書道など全8項目に加え、項目にないジャンルからも応募が可能。
福岡市が後援につくほか、様々なメディアを通じて福岡市内外へ積極的に広報を行う。

【参加対象者】
(_市内に活動拠点を置き、福岡市民芸術祭の目的を理解し、文化芸術活動に取り組む団体または個人。
∋楡瀝用料滞納等の法令・条例等の違反行為がないこと。

募集要項や申請書類は、市民芸術祭サイトトップページからダウンロード可能。

詳細は下記より
福岡市民芸術祭
author : fpap | - | -

別府市内で開催される市民文化祭 ベップアートマンスがプログラムの募集を開始する

2017.05.28 Sunday | ニュース

別府市内で開催される、市民文化祭ベップ・アート・マンスが今年も11月1日〜12月3日の期間で開催される。2010年からはじまり今年で8回目の開催となる。別府市内はもちろん県外からの応募も可能。文化・芸術に関わるものであれば規模やジャンルは不問。参加するとプログラムの企画から実現に向けて、さまざまなサポートを事務局より受けられるとのこと。

<募集期間>
6月1日(木)〜6月30日(金)当日消印有効


詳細はベップ・アート・マンス2017公式HPより
http://www.beppuartmonth.com/
author : fpap | - | -

45歳以上のメンバーで構成されているSAGAパーフェクトシアターが佐賀弁での シェイクスピア劇を東京で上演する。

2017.05.25 Thursday | ニュース

経験・未経験を問わず、45歳以上という様々な経験を生きた人たちが参加するSAGAパーフェクトシアターが6月17日(土)に東京・全労済ホール/スペース・ゼロで公演を行う。演目はウィリアム・シェイクスピアの喜劇「恋のから騒ぎ」をリメイクした『佐賀ンから騒ぎ』。佐賀弁で台詞が繰り広げられるとのことで地域の特色が生かされた内容となっている。

詳細は下記URLより
http://www.kazenotane.com/index.html/
author : fpap | - | -