FPAPニュース・お知らせ

<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

福岡の認定NPO法人ニコちゃんの会が、6月から行う「身体に障がいのある人のための俳優講座」で、障がいのない人も一緒に募集中。障がいのある方は演劇経験不問。締切は6月6日

2017.04.27 Thursday | ニュース

福岡の認定NPO法人ニコちゃんの会が、「すっごい演劇アートプロジェクト」の一環で、6月より開催する「身体に障がいのある人のための俳優講座」の参加者を募集中。

2018年の新作発表のための出会いの機会としたい狙い。

障がいのある人は演劇経験不問。どうじに障がいのない演劇経験者も募集している。

締切は6/6(火)

詳細はこちら
http://www.nicochan.jp/2017/04/13/haiyu04/
author : fpap | - | -

佐賀の劇団Ziシアターが佐賀市内最古の町屋「南里邱」で演劇公演を行う

2017.04.22 Saturday | ニュース

佐賀の劇団Ziシアターが、5月21日に「南里邱」で演劇公演を行う。
「南里邱」は、市内最古の町屋建造物として平成25年に佐賀市景観指定重要建造物に指定された旧長崎街道沿いの町屋とのこと。

佐賀の小劇場演劇の中心を担っていた劇場ステージマロが2014年12月に閉館された。
新たな公演場所の開拓は、劇場を探す他団体への刺激になるかもしれない。

「はかなきもののものがたり」
2017年 5月21日(日)
会場:南里邸 佐賀市柳町9-10

詳細:
劇団ZiシアターHP
http://zizizi.asia/

南里邸
http://www.sagabai.com/main/1747.html
author : fpap | - | -

諫早独楽劇場のスタッフで立ち上げた劇団、「フォルクテイル」が、4月21日・22日に自身の劇場にて旗揚げ公演を行う

2017.04.17 Monday | ニュース

多目的フリーススペースとして運営されている諫早独楽劇場が、劇場スタッフで劇団「フォルクテイル」を立ち上げ、4月21日(土)・22日(日)に自身の劇場にて旗揚げ公演を行う。

諫早独楽劇場 管理人の寺井よしみ氏のインタビューがmola!に掲載されている。
http://mola-k.com/news/4486/

公演の詳細はこちら
https://ja-jp.facebook.com/events/1427595223928843/
author : fpap | - | -

NPO法人「芸術家のくすり箱」が、舞台公演の現場での役者やスタッフの健康管理から緊急対応までをまとめた『公演救急ガイドVer.2』を公開

2017.04.16 Sunday | ニュース

より良い芸術表現を求める芸術家をサポートするNPO法人「芸術家のくすり箱」公式サイトにて、『公演救急ガイドVer.2』が公開されている。

今年度はインフルエンザ対応を追加、緊急時のフローチャートなどがバージョンアップし、医療者やトレーナーがいない現場での傷病発生時に制作者やマネージャーがなにをすべきなのかが書かれている。

「芸術家のくすり箱」
http://www.artists-care.com/
author : fpap | - | -

国民文化祭おおいた2018を控え、大分合同新聞で19年前の国民文化祭を振り返るリレーインタビューが連載中。4月13日の夕刊にはおおいた演劇の会の清末典子会長の回顧記事が掲載されている。

2017.04.14 Friday | ニュース

国民文化祭おおいた2018を控え、大分合同新聞で19年前の国民文化祭を振り返るリレーインタビューが全10回で連載されている。
4月13日の夕刊にはおおいた演劇の会の清末典子会長の回顧記事が掲載されている。

大分合同新聞のWEBサイトでも読むことができる。

回顧 国民文化祭ぁ,おいた演劇の会の清末典子会長|大分合同新聞
https://www.oita-press.co.jp/1010000000/2017/04/13/132148269
author : fpap | - | -

福岡県志免町で行われるコメディを中心とした演劇・パフォーミングアートのフェスティバル、「志免祭」が今年で5回目を迎え、今回は「志免祭デジタルフォトコンテスト」も同時開催される。

2017.04.12 Wednesday | ニュース

志免祭 国際コメディシアターフェスティバルが、今週末4/14から福岡県志免で開催される。
このフェスティバルは、2013年にH732 シアターを中心にはじまり、今年で5年目となる。

H732 シアターではオムニバスのコメディパフォーマンス、一人芝居や落語が行われ、劇場周辺の空き地・空き店舗を利用した5つのエリアでは期間中大道芸が同時進行する。
今回は志免祭デジタルフォトコンテストも開催され、入賞者には漏れなく石炭が贈呈されるとのこと。


志免祭 国際コメディシアターフェスティバル
http://h732.net/simesai/
author : fpap | - | -

公益社団法人日本劇団協議会が、演劇などの芸術活動の社会的価値を可視化するための調査である「芸術団体における社会包摂活動」報告書を無料公開している

2017.04.09 Sunday | ニュース

公益社団法人日本劇団協議会が、「芸術団体における社会包摂活動」の調査研究を行い、報告書を発行した。サイトから無料でダウンロードできるようになっている。

演劇などの芸術活動の社会的価値を可視化するための調査で、SROI(社会的投資収益率)という手法を取り入れているところが特徴的。

「芸術団体における社会包摂活動」の調査研究報告書 発行|公益社団法人日本劇団協議会
http://www.gekidankyo.or.jp/news/news_063.html
author : fpap | - | -

高校演劇部が学校職員の結婚披露宴にゲスト出演。新婦の半生を寸劇にして上演(佐賀新聞に掲載)

2017.04.02 Sunday | ニュース

佐賀東高演劇部が、学校職員の結婚披露宴にゲスト出演。新婦の半生を寸劇にして上演した記事が佐賀新聞LIVEに掲載された。

同記事では、演劇部顧問や主演をつとめた学生のコメントが掲載されている。


佐賀東高演劇部が職員の披露宴で熱演(佐賀新聞)
http://www.saga-s.co.jp/news/saga/10105/418610
author : fpap | - | -

4歳以上が対象。子どもたちが約1年かけて演劇をつくる「遊びと学びのコミュニティスクール」(福岡市・なみきスクエア)が2017年度の参加者を募集。

2017.03.30 Thursday | ニュース

なみきスクエアみらいネットワーク、NPO法人子ども文化コミュニティがおこなう、「遊びと学びのコミュニティスクール」が2017年度の参加者を募集している。
対象年齢は4歳以上。
6月より、福岡市のなみきスクエアにて、ダンス、歌、朗読などのワークショップを年間を通して行うという。

年度末にあたる2018年3月には、発表公演を予定している。

詳細は下記URLより。
http://www.kodomo-abc.org/communityschool/bosyu2017.html
author : fpap | - | -

年齢・演劇経験不問。久留米シティプラザが2017年度、くるめ演劇塾の参加者を募集。明日3/27より受付開始。

2017.03.26 Sunday | ニュース

久留米シティプラザが、2017年度もくるめ演劇塾を開催する。
期間は、2017年5月〜7月(前期)、2017年9月〜2018年1月(後期)で、明日3/27より前期の申込受付を開始する。年齢・演劇経験は不問。

1回500円、単発で参加可能なアテインコースと、継続してレッスンに参加し、終了時に発表公演をおこなうプラ座コースの2コースがある。

講師は、小松杏里氏(久留米シティプラザ ドラマアーツ・ディレクター)、池田美樹氏(劇団きらら)、川口大樹氏(万能グローブ ガラパゴスダイナモス)、大塚ムネト氏(ギンギラ太陽's)らが務める。


小松杏里のくるめ演劇塾 2017年度前期

開催日時:2017年5月16日(火) 〜 2017年7月29日(土) ※詳細スケジュールはリンク先参照
募集定員:各コース20〜25名
開催場所:久留米シティプラザ
講師:
小松杏里:塾長/常任
アテインコース:池田美樹、川口大樹、高野桂子、吉柳佳代子、青柳達也、岡崎賢一郎
プラ座コース:今村貴子、大塚ムネト


詳細は下記URLより
http://kurumecityplaza.jp/events/301
author : fpap | - | -