FPAPニュース・お知らせ

<< 九州からも応募可能。自分を若手と考える演出者が対象、「若手演出家コンクール2021」。最優秀賞受賞者には賞金50万、記念公演も(6/30締切) | TOP | 九州からも応募可能。公益財団法人セゾン文化財団が「新型コロナ対応 特別助成プログラム」を実施。募集期間は2021年7月1日(木)〜7月20日(火)。助成対象期間は2021年9月1日(水)〜2023年3月31日(金)。助成申請額は上限200万円。 >>

九州からも応募可能。『演劇人コンクール』10/19から10/23日開催。賞金総額200万円。他、舞台制作費補助の事前支払いも予定。6/28(月)20:00からオンライン説明会開催。

2021.06.19 Saturday | ニュース

昨年、利賀から引き継ぐ形で、豊岡の地で新しくスタートした演劇人コンクール。
2021年も10月下旬、江原河畔劇場での開催に向け準備が進められている。

賞金総額は200万円。
他、舞台制作費補助の事前支払を予定されており、参加資格等は下記の通り。


■応募用紙(Google Drive Word形式・PDF形式)

・応募書類の提出先 engekijin.concours@gmail.com

・応募〆切:2021年7月10日(土)

※郵送での提出を希望する場合は事務局まで問い合わせの上提出。
※応募用紙フォームは公式HPよりダウンロード可能。


■応募条件
過去に上演歴があり、今後演出家として継続的に活動していく意思のある者。


■審査
―駑狄該此並莪貅/該此法、7月10日(土) 応募〆切
応募作品について、提出された参加申込書・演出プラン・映像資料などに基づいて審査。
これまでの活動の実績も参考とする。
この審査では、上演審査への参加資格を得る合格者を選考。

⊂絮蘓該此並萋鷦/該此榛酩幣絮蕕砲茲訖該此法
最大6団体を予定
期間:10月19日(火)〜23日(土)を予定。(移動日を含む4泊5日を予定。上演日は10月21日(木)・22日(金)。)
場所:江原河畔劇場


■賞
 最優秀賞 100万円
 賞金総額 最大200万円(一部、賞品にて支給)

この他、豊岡演劇祭への参加/こまばアゴラ劇場での上演/城崎国際アートセンター・利賀芸術公園等でのレジデンス制作/BeSeTo演劇祭・静岡県舞台芸術センター(SPAC)・鳥の劇場等、国内外の劇場プログラムでの上演、舞台芸術フェスティバルへの参加などの支援。


■課題戯曲
コンクールの応募者は下記の課題戯曲より1作品を選択し、作品を演出・構成。

A:『熊野』       三島由紀夫
B:『命を弄ぶ男ふたり』 岸田國士
C:『楽屋』       清水邦夫
D:『胎内』       三好十郎
E:『青い鳥』      メーテルリンク
F:『白い病』      カレル・チャペック

【作品の上演に関する規定】
A、Bの作品は、テキストの改変、変更、カットなどはできない。
C、D、E、Fの作品は、一部抜粋あるいはテキストレジを行うことができる。台詞の変更は不可。
いずれの作品も、コンクール上演用の新たな翻訳は不可。
上演は、日本語で行う。

上演時間は、60分以内とする。(時間に収まらない場合は選考対象外)



参加にあたっての負担を軽減するため、音響・照明はコンクール側での共通仕込が準備される。
また昨年と同様、少人数でも上演可能な作品を含んだ上で、座組の人数の上限を10名に増やし、課題戯曲が設定されている。



〈演劇人コンクール〉について

舞台芸術財団演劇人会議による、2000年から2007年までの「利賀演出家コンクール」、2008年から2019年までの「利賀演劇人コンクール」では、数々の才能を発掘、支援が行われてきたコンクール。
20年を一つの区切りとし、昨年から新しく豊岡の地で「演劇人コンクール」としてスタート。
利賀との繋がりは継続しつつ「地域を越え、国際的に活躍できる演出家の発掘と養成」をコンセプトに、今年もコンクールが開催される。


●演出力によるコンペティション

演出家を受賞対象。演出家の知的構想力・造型力が求められるのはもちろん、それが俳優・スタッフとの共同作業により実現されていることが望まれる。また、優れた俳優・スタッフの仕事に対しては奨励賞として表彰される。

●受賞者への継続的な支援

コンクールでの授賞を、受賞者のその後の演劇活動のプロセスの中で捉え、2〜3年間の期間を念頭に継続的な支援が行われる。

具体的には、
・豊岡演劇祭への参加
・こまばアゴラ劇場での上演
・城崎国際アートセンター、利賀芸術公園等でのレジデンス制作
・BeSeTo演劇祭・静岡県舞台芸術センター(SPAC)・鳥の劇場等、国内外の劇場プログラムでの上演、舞台芸術フェスティバルへの参加


《詳細情報&問い合わせ先》
演劇人コンクール公式HP
author : fpap | - | -