FPAPニュース・お知らせ

<< 宮崎県三股町立文化会館にて『みまた、まちとひとの演劇フェスティバル』が開催される。2021年7月17日(土)18日(日)の二日間で、演劇作品【 わたしの人生の物語、つづく。三股町編 】と演劇の可能性について紹介する【 まちとひとの演劇サミットinみまた 】が行われる。 | TOP | 長崎市を拠点に活動中の団体限定で「第69回長崎市民演劇祭」への出演団体を募集中。2022年3月にチトセピアホールで開催予定。応募締め切りは2021年8月31日。 >>

福岡市・天神の商業施設イムズが8月31日に閉館するのを前に、シンポジウム「黄金の天神カルチャー〜イムズが目指した役割と行方〜」を7月16日午後4時から開催。入場無料、ライブ配信予定あり。

2021.07.06 Tuesday | ニュース

 福岡市・天神の商業施設イムズが8月31日に閉館するのを前に、シンポジウム「黄金の天神カルチャー〜イムズが目指した役割と行方〜」を7月16日午後4時から開催する。
会場はイムズホール、入場は無料。来場には事前申し込みが必要。
主催の西日本新聞「meサイト」では、当日の様子が無料でライブ配信される予定となっている。


【概要】
 天神カルチャーを担ってきた関係者や気鋭の若手クリエイターたちが、イムズ開業当時の世相やイムズが天神に果たしてきた役割を振り返りつつ、再開発が進む天神で次なるカルチャーシーンが生まれうるのかを展望する。


【日時】7月16日午後4時〜6時


【場所】イムズホール


【コーディネーター】
 梁木 靖弘氏 (評論家)


【パネリスト】
 大塚 ムネト氏 (劇団ギンギラ太陽's主宰)
 辻 正太郎氏 (元三菱地所プロパティマネジメント蟯萄彩髻
 益田 啓一郎氏 (近現代史研究家/アーキビスト)
 宮本 初音氏 (アートコーディネーター)
 吉田 拓巳氏 (株式会社セブンセンス/株式会社 nommoc 代表取締役)


【主催】イムズ、西日本新聞社


【定員】180人(先着順)


【入場料】無料。事前申し込みが必要


【申し込み】
イムズマネジメントオフィス
092-733-2007


イムズ公式ページ↓
イムズイベント情報
author : fpap | - | -