FPAPニュース・お知らせ

<< 福岡市文化芸術振興財団が12/20に高校生向けの二人芝居体験講座を実施。二人芝居で全国ツアー中の俳優二人が講師を務める。 | TOP |

演出家の育成と発掘を目的とする<創作コンペティション「一つの戯曲からの創作をとおして語ろう」vol.5>プレゼン審査選出者発表■課題戯曲:三島由紀夫 近代能楽集より「葵上」■【プレゼン審査】2014年12月27日(土):ゆめアール大橋

2014.11.30 Sunday | ニュース

創作コンペティションとは、平成19年から福岡市文化芸術振興財団が主催する
演出家の育成と発掘を目的としたコンペティション。

12月に行われる、プレゼン審査選出者が発表された。

木村佳南子(非・売れ線系ビーナス)
舘亜里沙
萩原雄太(かもめマシーン)
藤原佳奈(mizhen)
村社祐太朗(新聞家)
山下キスコ(揮発タブレット)
和田ながら(したため)

※五十音順、敬称略

------------------------------------------------
◆プレゼン審査 Second Stage
書類審査を通過した演出家が進む二次審査。
課題戯曲の演出プラン、創作について10分間以内でプレゼンを行う。

日:2014年12月27日(土)
於:ゆめアール大橋(福岡市南区)

◆上演審査 Competition Stage
プレゼン審査を通過した上位3名が進む最終審査。
演出プランを基に、課題戯曲を上演。
上演に引き続き審査員による公開審査会を行い、最優秀作品賞が決定される。

日:2015年5月22日(金)、23日(土)
於:ぽんプラザホール(福岡市博多区)


◆審査員
岡田利規(チェルフィッチュ)
前川知大(イキウメ)
松井周(サンプル)
森山直人(演劇批評家)
山田恵理香(空間再生事業劇団GIGA)
山田真実(ttu/創作コンペティションvol.4最優秀作品賞受賞)


◆課題戯曲
三島由紀夫 近代能楽集より「葵上」

◆賞
・最優秀作品賞 賞状および副賞
副賞:第10福岡演劇フェスティバルの参加作品して演劇作品を創作する権利
(制作FFAC。制作経費として上限100万円を負担します)

・観客賞 賞状

詳しくは、公式サイトより。
author : fpap | - | -