FPAPニュース・お知らせ

<< 九州では約14年ぶりとなる劇作家大会が開催へ。2019年1月下旬に大分にて | TOP |

45日間の開催。「境界のありよう」をテーマに作る、チェルフィッチュの「映像演劇」展『渚・瞼・カーテン』。4月28日(土)から熊本市現代美術館にて。

2018.03.04 Sunday | ニュース

熊本在住の演劇作家、岡田利規氏が主宰をつとめる
演劇カンパニー・チェルフィッチュが、
熊本市現代美術館にて、「映像演劇」で構成する展覧会を開催する。

チェルフィッチュは、国内外で活動を続けている、
現代を代表する演劇カンパニーのひとつである。

この展覧会は「境界のありよう」をテーマとした6本の「映像演劇」で構成されており、
チェルフィッチュにとっては初めての、映像作品の展示になるという。

関連イベントとして、展覧会初日には岡田氏によるトークショーが行われ、
このほか、ワークショップやツアーなども開催される予定とのこと。

-----

『渚・瞼・カーテン チェルフィッチュの〈映像演劇〉』

[期間]
2018年4月28日(土) 〜 6月17日(日)
※毎週火曜休館日

[場所]
熊本市現代美術館 企画展示室I・II

[料金]
一般:1000円/シニア(65歳以上):800円/高・大学生:500円
※中学生以下は無料(要名札)

ほか詳細は以下より
チェルフィッチュ公式サイト
author : fpap | - | -