FPAPニュース・お知らせ

<< July 2024 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

大分県の老舗劇団、劇団吉祥じゅん&ワルキューレが7月 の公演に向けてクラウドファンディングを募集中。クラウドファンディングページでは地方での演劇製作について熱い思いが書かれている。

2024.06.05 Wednesday | ニュース

大分を拠点に38年間活動を続けてきた劇団吉祥じゅん&ワルキューレが7月20日(土)に公演を行う。
固定の劇団員を持たず公演ごとにキャストを募り年齢性別問わず幅広い人材を起用し、次世代の子どもたちの育成にも力を入れてきた。

最後の上演で選んだ『北斎夢幻』は2004年に初演され、20年ぶりの再演。
「地方でもクオリティの高い作品を創れる」という信念のもと大がかりな舞台美術や衣装を準備していままで公演してきた。たくさんの費用がかかる中、大舞台で公演することは容易ではなかったという。

今回の『北斎夢幻』では、映像、特殊効果、アクション、ダンスパフォーマンスを駆使して、壮大な物語と大掛かりな舞台演出を予定しておりクラウドファンディングを通してこの舞台演出を可能なものにして演劇の魅力と感動を多くの人々に伝え、地方からの文化発信をさらに広げていきたいと考えているとのこと。

---------

公演詳細
◆日時 2024年7月20日(土) 18時開場 19時開演
◆会場 J:COM ホルトホール大分 大ホール
◆料金 5,000円

クラウドファンディングの詳細はリンクから
https://camp-fire.jp/projects/view/762475

劇団吉祥じゅん&ワルキューレHP
https://valkyrie.stage.corich.jp/profile
author : fpap | - | -

【長崎市内の高校生以上が対象】長崎市役所が、全12回の戯曲講座の参加者を募集中。講師は長崎の劇団F’s Company代表の、福田修志氏

2024.05.29 Wednesday | ニュース

長崎市役所が、全12回の戯曲講座の参加者を募集している。

■開催場所
初回 長崎市役所2階 市民利用会議室

■対象
高校生以上の長崎市内にお住まいか通勤・通学されている方

■参加費
無料

■講師
F’s Company代表 福田修志氏

■日程
第1回 7/21(日)14:00〜16:00
第2回 8/11(日)14:00〜17:00
第3回 8/25(日)14:00〜17:00(ゲスト講師:Plant M主宰 樋口ミユ氏)
第4回 9/7(土)or9/8(日)
第5回 9/22(日)14:00〜17:00(ゲスト講師:iaku代表 横山拓也氏)
第6回 10/5(土)or10/6(日)
第7回 10/27(日)14:00〜17:00
第8回 11/9(土)or11/10(日)
第9回 11/16(土)14:00〜17:00
第10回 12月中
第11回 12月中
第12回 1/19(日)14:00〜17:00

■応募締切
6/30(日)必着

■詳細
令和6年度 戯曲講座受講生を募集します|ながさき文化のひろば
https://nagasaki-bunka.jp/news/3956
author : fpap | - | -

宮崎県三股町で、演劇のお祭り「まちドラ!」が開催中。明日5月25日まで体育館や公民館などが小劇場になる。

2024.05.25 Saturday | ニュース

2012年よりはじまった宮崎県三股町で行われる「まちドラ!」が開催中。町民と全国各地の演劇人とで作る演劇祭である。期間中には体育館や公民館などが小劇場に生まれ変わる。

5月24日にオープニングセレモニーやワークショップが行われ、本日25日から演劇公演を鑑賞することができる。

詳細
みまた演劇フェスティバル まちドラ!2024|三股町立文化会館HP
https://bunka.town.mimata.lg.jp/archives/event/__trashed-4
author : fpap | - | -

西日本新聞meにて、福岡を拠点に全国で公演を行っている「劇団風の子九州」が取り上げられた。劇団の活動にあたっての思いなどが語られている。

2024.05.23 Thursday | ニュース

西日本新聞meにて、「劇団風の子九州」が取り上げられている。
なるほ堂ものがたりや、やだ、やだ あっかんべー!など、数々の作品を小学校や公共施設で福岡を拠点に全国で公演を行っている「劇団風の子九州」。

今回は同劇団の俳優である川島二郎さんと、筑紫女学園大学教授の原陽一郎さんが、『「役づくり」が自分で考えることを支える』といったことをテーマにした記事が取り上げられた。

詳細は下記サイトにて
https://www.nishinippon.co.jp/item/n/1210254/
author : fpap | - | -

大分県別府市の演劇鑑賞団体「別府市民劇場」が20周年を迎え大分合同新聞にも掲載された。5月25日(土)に別府市公会堂で記念シンポジウムが開催される。

2024.05.19 Sunday | ニュース

大分県別府市の演劇鑑賞団体「別府市民劇場」が20周年を迎えた。2003年に発足をし、九州演劇鑑賞団体連絡会加盟後の第1回を上演した2004年を起点に、今年を20周年の節目と位置付けている。

記念シンポジウムが以下の要領で開催される。

2024年5月25(土)14:00 別府市公会堂 入場無料


シンポジウムには歴代会員や演劇関係者が出席する。

また、5月27日(月)18:30ビーコンプラザにて文学座公演「五十四の瞳」が上演される。入会は随時行われている。




詳細は

別府市民劇場HP
http://beppu-engeki.com/

大分合同新聞HP
https://www.oita-press.co.jp/1010000000/2024/05/14/JDC2024050101220
author : fpap | - | -

一般社団法人緊急事態芸術ネットワークが「舞台芸術におけるハラスメント防止ガイドブック(ver1.0)」を公開した。ハラスメント対策PTを中心に執筆編集を行い、専門家の助言を受け、作成したもの。

2024.05.15 Wednesday | ニュース

一般社団法人緊急事態芸術ネットワークが「舞台芸術におけるハラスメント防止ガイドブック(ver1.0)」を公開した。ハラスメント対策PTを中心に執筆編集を行い、専門家の助言を受け、作成したもの。

興行を企画立案し座組を組織する立場の主催者(プロデューサー、制作者、劇場職員、企画制作会社職員、劇団員など)が、創作現場でのハラスメントを防止し、より良い創造環境を作る際にガイドブックが活用されることを目指している。

詳細はこちら
author : fpap | - | -

金沢市民芸術村ドラマ工房アクションプラン「百万石演劇大合戦2024」出演団体募集。全国から応募可能。参加作品は30分以内。応募締切は5月31日(金)。

2024.05.12 Sunday | ニュース

金沢市民芸術村ドラマ工房アクションプラン「百万石演劇大合戦2024」出演団体募集。全国から応募可能。参加作品は30分以内。

様々なスタイルの演劇作品をショーケース的に連続上演することで、あらためて演劇の表現スタイルの広がりに目を向けるとともに、観客を含めて参加団体・グループ間の地域を超えた交流の場を創出することを目的としている。

■開催日
【予選公演】各グループ3団体 予選 A , B グループ
令和6年11月2日(土) 〜 令和6年 11月 3日(日)

【決勝公演】各グループ上位1団体

令和6年 11月4日(月・祝)

■審査方法
観客投票により決定
予選公演:各グループ1位が決勝公演に進出。
決勝公演:最優秀団体を決定

■応募締切
5月31日(金)

詳細はこちら
author : fpap | - | -

佐賀新聞にて、5/12に開催される佐賀でのミュージカルのワークショップ開催が取り上げられている。参加は無料で、対象は小学生から大人までとのこと。

2024.05.11 Saturday | ニュース

佐賀新聞にて、佐賀でのミュージカルのワークショップ開催が取り上げられている。
ワークショップは佐賀県多久市を拠点に活動する、市民ミュージカル劇団「多久ミュージカルカンパニー」が主催し、団員やプロの指導者と演技やダンスを楽しみ、ミュージカルの魅力を体感するものとのこと。

■開催日時
令和6年5月12日(日)
午後5時から

■参加料
無料

■対象
居住地問わず、小学1年生から大人まで

■会場
多久市児童センターあじさい

詳細は下記サイトより
https://www.saga-s.co.jp/articles/-/1241045#goog_rewarded
author : fpap | - | -

福岡県の久留米シティプラザが「劇場で考える 〜他人(ひと)ごと、自分ごと〜」と題し、6月15日(土)に同劇場で上演の「ライカムで待っとく」について作品の背景について考えるトークイベントを行う。開催は5月26日(日)で先着30名を募集している。

2024.05.08 Wednesday | ニュース

久留米シティプラザが6月15日(土)Cボックスで上演予定の「ライカムで待っとく」の関連事業として演劇作品の背景について考えるトークイベントを開催する。

「ライカムで待っとく」はアーティストが自身の出身/居住地である沖縄について、独自の視点で捉えた問題を演劇として表現し、社会へ投げかけた作品である。


開催日時
2024年5月26日(日)

場所
久留米シティプラザ中会議室

定員
30名(先着順)

詳細は久留米シティプラザHP
https://kurumecityplaza.jp/events/5625/
author : fpap | - | -

「志免祭/シメサイ」がファイナルとなる。福岡県志免町で行われるコメディを中心とした演劇・パフォーミングアートのフェスティバルで、13年間続いてきたとのこと。

2024.05.02 Thursday | ニュース

「志免祭/シメサイ」がファイナルとなる。福岡県志免町で行われるコメディを中心とした演劇・パフォーミングアートのフェスティバルで、13年間続いてきたとのこと。

■日程
5月31日(金) 前夜祭 19:30〜(約40分)
6月1日(土) 本祭 12:00〜20:00頃まで
6月2日(日) 本祭 10:00〜16:00頃まで

■会場
シーメイト
福岡県糟屋郡志免町志免451−1

旧志免鉱業所 竪坑櫓(前夜祭)
福岡県糟屋郡志免町志免495−3

■入場料・観覧料
投げ銭

■詳細
志免祭/シメサイ 国際コメディシアターフェスティバル
http://h732.net/simesai/
author : fpap | - | -