FPAPニュース・お知らせ

<< June 2021 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

【3人のライターが福岡のオススメ演劇公演を紹介】 2021年7月のオススメ公演をアップ。若手劇団やユニットの公演が多数上演されるようです。

2021.06.30 Wednesday | お知らせ

2021年7月のオススメ公演をアップしました。
http://www.fpap.jp/recom/

過去の記事が表示される場合はキャッシュが残っている可能性があります。
お手数ですが、再度読み込んで見て下さい。

オススメライターも随時募集しております。
http://www.fpap.jp/recom/boshu.html
author : fpap | - | -

大分市民限定募集。「1%応援事業(あなたが支える市民活動応援事業)」応援届出の受付が開始されている。締切は7月31日。

2021.06.28 Monday | ニュース

大分市 市民協働推進課より、「1%応援事業(あなたが支える市民活動応援事業)」の募集が大分市民限定で開始されている。


1%応援事業(あなたが支える市民活動応援事業)とは、市民に「市民活動」や「税金の使い道」に関心を持ってもらうことを目的に創設された制度であり、自分が応援したい団体を選択し、市に届け出てもらうことによって、届出をされた市民が前年度に納めた個人市民税の1%相当額を、選択した団体に補助金として交付するもの。

この制度は、市民から昨年度納められた個人市民税の1%相当額の使い道を決めるもので、応援届出をすることにより、新たな負担が生じることはない。

この制度が広く知られることによって、多くの大分市民からの応援届出が期待されている。

※応援届出の受付期間は、6月1日(火曜日)から7月31日(土曜日)まで。


大分市HP(関連ページ)

簡易申請受付書類
author : fpap | - | -

九州からも応募可能。公益財団法人セゾン文化財団が「新型コロナ対応 特別助成プログラム」を実施。募集期間は2021年7月1日(木)〜7月20日(火)。助成対象期間は2021年9月1日(水)〜2023年3月31日(金)。助成申請額は上限200万円。

2021.06.23 Wednesday | ニュース

公益財団法人セゾン文化財団が、コロナ禍の影響下において、これからの価値の創造と相互理解の促進に寄与する活動・事業のための、特別助成プログラムを実施。

〇公益財団法人セゾン文化財団とは
1987年より日本の現在演劇・舞踊の振興およびその国際交流の促進に寄与するために助成活動を行っている団体である。

【対象となる活動/事業・条件】
1. 今後の舞台芸術に新しい知見、影響・変化をもたらす事業
2. 申請する個人、団体が自ら主催(企画、実施、決算)する活動である
3. 計画的に周知し、鑑賞や参加、成果を共有する機会を設ける
4. 活動の形態、手法は問わない
5. 営利、物品販売を目的としていない

【助成対象者・分野】
1. 優れた構想と実施力を持ち、以前より現代演劇・舞踊・パフォーマンス分野において芸 術活動を行っている芸術家/団体(職種、職掌は問わない)で、主たる活動の目的が非営利の民間(法人格は問わない)
2. 国内を拠点に活動を展開している
3. 団体の場合は、定款、規約等を有している
4. 一団体につき一事業、申請できない
5. 2021年度セゾン文化財団助成対象者は申請できない
6. 本プログラムに採択された事業は2022年度のセゾン文化財団助成<現代演劇・舞踊対象>公募プログラムに申請できない

【募集期間】 2021年7月1日(木)〜7月20日(火)

【助成対象期間】 2021年9月1日(水)〜2023年3月31日(金)

【助成申請額】
〇助成対象経費のうち200万円を上限とする
1. 提案事業を行うために必要な芸術活動経費に使用すること(接待費、旅行保険、領収 書の取得ができないものなどは対象外)
2. 助成金は、2021年度中に概算払い
3. 他の助成金、補助金と併せて使用することも可能

【申請方法】
電子メールにて申請書交付申し込み


詳細はこちら

公益財団法人セゾン文化財団 新型コロナ対応 特別助成プログラム
募集要項
author : fpap | - | -

九州からも応募可能。『演劇人コンクール』10/19から10/23日開催。賞金総額200万円。他、舞台制作費補助の事前支払いも予定。6/28(月)20:00からオンライン説明会開催。

2021.06.19 Saturday | ニュース

昨年、利賀から引き継ぐ形で、豊岡の地で新しくスタートした演劇人コンクール。
2021年も10月下旬、江原河畔劇場での開催に向け準備が進められている。

賞金総額は200万円。
他、舞台制作費補助の事前支払を予定されており、参加資格等は下記の通り。


■応募用紙(Google Drive Word形式・PDF形式)

・応募書類の提出先 engekijin.concours@gmail.com

・応募〆切:2021年7月10日(土)

※郵送での提出を希望する場合は事務局まで問い合わせの上提出。
※応募用紙フォームは公式HPよりダウンロード可能。


■応募条件
過去に上演歴があり、今後演出家として継続的に活動していく意思のある者。


■審査
―駑狄該此並莪貅/該此法、7月10日(土) 応募〆切
応募作品について、提出された参加申込書・演出プラン・映像資料などに基づいて審査。
これまでの活動の実績も参考とする。
この審査では、上演審査への参加資格を得る合格者を選考。

⊂絮蘓該此並萋鷦/該此榛酩幣絮蕕砲茲訖該此法
最大6団体を予定
期間:10月19日(火)〜23日(土)を予定。(移動日を含む4泊5日を予定。上演日は10月21日(木)・22日(金)。)
場所:江原河畔劇場


■賞
 最優秀賞 100万円
 賞金総額 最大200万円(一部、賞品にて支給)

この他、豊岡演劇祭への参加/こまばアゴラ劇場での上演/城崎国際アートセンター・利賀芸術公園等でのレジデンス制作/BeSeTo演劇祭・静岡県舞台芸術センター(SPAC)・鳥の劇場等、国内外の劇場プログラムでの上演、舞台芸術フェスティバルへの参加などの支援。


■課題戯曲
コンクールの応募者は下記の課題戯曲より1作品を選択し、作品を演出・構成。

A:『熊野』       三島由紀夫
B:『命を弄ぶ男ふたり』 岸田國士
C:『楽屋』       清水邦夫
D:『胎内』       三好十郎
E:『青い鳥』      メーテルリンク
F:『白い病』      カレル・チャペック

【作品の上演に関する規定】
A、Bの作品は、テキストの改変、変更、カットなどはできない。
C、D、E、Fの作品は、一部抜粋あるいはテキストレジを行うことができる。台詞の変更は不可。
いずれの作品も、コンクール上演用の新たな翻訳は不可。
上演は、日本語で行う。

上演時間は、60分以内とする。(時間に収まらない場合は選考対象外)



参加にあたっての負担を軽減するため、音響・照明はコンクール側での共通仕込が準備される。
また昨年と同様、少人数でも上演可能な作品を含んだ上で、座組の人数の上限を10名に増やし、課題戯曲が設定されている。



〈演劇人コンクール〉について

舞台芸術財団演劇人会議による、2000年から2007年までの「利賀演出家コンクール」、2008年から2019年までの「利賀演劇人コンクール」では、数々の才能を発掘、支援が行われてきたコンクール。
20年を一つの区切りとし、昨年から新しく豊岡の地で「演劇人コンクール」としてスタート。
利賀との繋がりは継続しつつ「地域を越え、国際的に活躍できる演出家の発掘と養成」をコンセプトに、今年もコンクールが開催される。


●演出力によるコンペティション

演出家を受賞対象。演出家の知的構想力・造型力が求められるのはもちろん、それが俳優・スタッフとの共同作業により実現されていることが望まれる。また、優れた俳優・スタッフの仕事に対しては奨励賞として表彰される。

●受賞者への継続的な支援

コンクールでの授賞を、受賞者のその後の演劇活動のプロセスの中で捉え、2〜3年間の期間を念頭に継続的な支援が行われる。

具体的には、
・豊岡演劇祭への参加
・こまばアゴラ劇場での上演
・城崎国際アートセンター、利賀芸術公園等でのレジデンス制作
・BeSeTo演劇祭・静岡県舞台芸術センター(SPAC)・鳥の劇場等、国内外の劇場プログラムでの上演、舞台芸術フェスティバルへの参加


《詳細情報&問い合わせ先》
演劇人コンクール公式HP
author : fpap | - | -

九州からも応募可能。自分を若手と考える演出者が対象、「若手演出家コンクール2021」。最優秀賞受賞者には賞金50万、記念公演も(6/30締切)

2021.06.17 Thursday | ニュース

日本演出者協会が若手演出家コンクール2021を開催する。

応募資格は
・自分を若手(新人)と考える演出者
・最終審査期間(2022年3月1日〜6日)参加可能であること。

第2次審査は新型コロナウィルスの影響を考え、
実演審査のほか、映像(過去の作品でも可)審査などの方法を、
状況を見極めながら、7月頃を目途に発表する予定。

最終公開審査では、観客投票による観客賞が設けられている。

申込の締切は6月30日(当日消印有効)。

優秀賞の4名には10万円、
最優秀演出家賞1名には、賞金50万円と受賞者演出による記念公演の実施が予定されている。

応募方法などくわしくはサイトにて
https://www.jda.jp/concours/young/3425.html
author : fpap | - | -

九州からも応募可能。「月いちリーディング/オンライン」で、作者がブラッシュアップしたいと考えている作品を募集している。締切は6/15。

2021.06.13 Sunday | ニュース

7/24(土)にZoom内で行われる「月いちリーディング/オンライン」のために、
劇作家協会が戯曲を募集している。

「月いちリーディング」とは劇作家育成を目的に行なわれるワークショップで、
戯曲リーディングとディスカッションを経て、
戯曲のブラッシュアップを目指すというもの。

応募規定として

・作者がブラッシュアップしたいと考えている作品であること。
・上演時間がおおむね1時間以内、登場人物が6名以内の作品であること。
・作者がオンライン開催のワークショップに支障なく参加できること。

等が定められており、応募する際には確認が必要。

現在メールにて募集中、締切は6/15。

■詳細
ドラマリーディング+ディスカッションの戯曲ブラッシュアップワークショップ
月いちリーディング/オンライン
日本劇作家協会
http://www.jpwa.org/main/activity/reading-workshop/tokyo#oubo
author : fpap | - | -

福岡市内に活動拠点をおく団体・個人による演劇等の公演やオンライン配信を支援する福岡市民芸術祭が、現在二次募集受付中。会場使用料の減免等の支援を受けることが出来る。対象となるのは10/1(金)〜12/31(金)に行われる文化芸術行事。募集締切は6/30(水)

2021.06.09 Wednesday | ニュース

(公財)福岡市文化芸術振興財団が毎年10月から12月に開催されている「福岡市民芸術祭」の二次募集を受け付けている。


対象となるのは、
福岡市内に活動拠点をおく団体・個人の文化芸術活動で
令和3年10月1日(金)〜令和3年12月31日(金)の期間中に実施される、
演劇やパフォーマンスなどの公演・発表会・展示、オンライン配信。
(感染症対策を講じていることが必須)

■支援内容
1)(公財)福岡市文化芸術振興財団、福岡市民芸術祭等のHPで紹介
2)(公財)福岡市文化芸術振興財団のSNSで紹介
3)福岡市・(公財)福岡市文化芸術振興財団が後援
4)市立施設の会場使用料が減免となる
5)福岡市文化プログラムに登録される

■応募方法
所定の申込書類にて郵送、またはメール。
今年度より芸術祭専用フォームからの申し込みも可能。


■募集期間
6月1日(火)〜6月30日(水)


詳細はこちら

http://www.ffac.or.jp/news/detail551.html
author : fpap | - | -

九州からも応募可能。愛知県芸術劇場が主催する第21回「AAF戯曲賞」が作品を募集中。1人1作品、既発表・既上演作品も応募可。大賞賞金50万円、特別賞賞金10万円。締め切りは7/31(土)必着。

2021.06.06 Sunday | ニュース

愛知県芸術劇場が主催する第21回「AAF戯曲賞」の募集が始まっている。

九州からも応募可能。既発表・既上演作品も受け付けている。
応募方法は、紙またはデータにて郵送のみ受付。(持参受付不可)

一次・二次審査はインターネット上でレポートが公開、最終審査は生中継される。

大賞に選ばれた作品は戯曲賞受賞記念冊子として配布され、
愛知件芸術劇場小ホールにて戯曲賞受賞記念公演として上演される。

----
第21回AAF戯曲賞
【募集】あなたの戯曲

■募集内容と条件
・あなたの考える演劇上演のためのテキストであること
・応募作品は書式自由、ただし、A4用紙 200枚程度まで
・既発表・既上演作品も応募可能
 (他戯曲賞での受賞歴がある作品は応募不可)
・作品点数は一人1 点に限る

■審査員
岩渕貞太氏(ダンサー・振付家)
鳴海康平氏 (演出家・「第七劇場」代表)
羊屋白玉氏(演出家・劇作家・俳優・「指輪ホテル」芸術監督)
やなぎみわ氏 ( 舞台演出家・美術作家)

■応募期間
2021年6月1日(火)〜 7月31日(土)必着

■賞金
・大賞(1点)/50万円
・特別賞(1点)/10万円

詳細はこちら
第21回AAF戯曲賞【募集】あなたの戯曲│愛知県芸術劇場
author : fpap | - | -

九州からも応募可能。日本劇作家協会主催で実施される「第27回劇作家協会新人戯曲賞」が作品を募集中。受賞者には正賞として時計、副賞として賞金50万円贈呈。【受付期間 6/1-7/1】

2021.06.03 Thursday | ニュース

一般社団法人 日本劇作家協会主催、公益財団法人 一ツ橋綜合財団後援で実施される「第27回劇作家協会新人戯曲賞」の募集が開始されている。

演劇界の未来を担う才能の道を拓くことを期し、1995年に生まれた劇作家協会新人戯曲賞。
1次審査から最終審査まで、審査員はすべて劇作家が行う。
『劇作家が運営し、劇作家が選ぶ』戯曲賞となっている。

第27回の審査会は、2021年12月12日(日)に開催の予定。
また、例年5〜6本の最終候補作を全文収録した『優秀新人戯曲集』(ブロンズ新社)を刊行している。

賞の内容は、【劇作家協会新人戯曲賞1編】であり、正賞として時計、副賞として賞金50万円が贈られる。
その他、最終候補作者にも記念品が贈呈される。


《応募規定》
● 1人 1作品
● 2020年7月1日から2021年6月30日までに、日本語で書かれた作品で、書籍あるいは雑誌に未発表のもの(上演していても可)
● 同作品の、同時期の他の戯曲賞との重複応募は不可
 また、過去に他の戯曲賞の佳作以上を受賞した作品は、手直しをしていても不可
● 原作のあるものの脚色は不可
 また、他の戯曲・小説・映画などの一部を使用する場合は、作品名と使用箇所を明記し、著作権処理が必要な場合は応募者の責任で行なうこと

《募集期間》
2021年6月1日(火)〜7月1日(木)

《応募・問い合わせ先》
日本劇作家協会 事務局 
〒166-0002 東京都杉並区高円寺北2-29-14-501
TEL:03-5373-6923
応募の際は「新人戯曲賞応募作品」と封筒に明記のこと。


公式HP↓
一般社団法人 日本劇作家協会 第27回劇作家協会新人戯曲賞 募集要項
author : fpap | - | -