FPAPニュース・お知らせ

<< January 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

北九州市文化振興基金奨励事業の募集が2月1日から開始される

2019.01.30 Wednesday | ニュース

北九州市では、同市の文化水準の向上、個性を持った地域文化の振興等に関する事業を推進するため、平成3年に北九州市文化振興基金を創設した。この基金事業の一つとして、市民の自主的な芸術・文化活動等を奨励するための助成事業を行っている。

受付期間は2019年2月1日(金曜日)〜2019年2月28日(木曜日)で対象は2019年4月1日(月曜日)から2020年3月31日(火曜日)までの間に実施するもの。

補助金額は、原則として50万円、40万円、30万円、20万円、10万円。ただし、10年単位の周年行事かつ、定例的な活動以上のものを行う事業に対しては上限が100万円となる。

詳細は北九州市HP
http://www.city.kitakyushu.lg.jp/shimin/02100119.html
author : fpap | - | -

九州産業大学演劇研究部が、ニュースウォーカーの連載「みつけだせ!僕らの最高のマネージャー!!」で取り上げられている。

2019.01.29 Tuesday | ニュース

九州産業大学演劇研究部が、ニュースウォーカーの連載「みつけだせ!僕らの最高のマネージャー!!」で取り上げられている。

「みつけだせ!僕らの最高のマネージャー!!」は、選手を支えるキラリと光る“最高のマネージャー”を発掘するというもの。


■記事はこちら
https://news.walkerplus.com/article/173952/
author : fpap | - | -

【3人のライターが福岡のオススメ演劇公演を紹介】2019年2月のオススメ公演をアップ。2月は、ライターから「バラけてやってくれたら」と言われるくらい公演が目白押しです。

2019.01.26 Saturday | お知らせ

2019年2月のオススメ公演の記事をアップしました。

http://www.fpap.jp/recom/

過去の記事が表示される場合はキャッシュが残っている可能性があります。お手数ですが、再度読み込んで見て下さい。
author : fpap | - | -

『日本の演劇人を育てるプロジェクト』として、2008年に上演した創作ミュージカル「この花咲くや姫」が、12月に鹿児島で再演予定。現在出演者を募集中。応募締め切りは3/18(月)。

2019.01.26 Saturday | ニュース

『日本の演劇人を育てるプロジェクト』として2008年に上演した創作ミュージカル「この花咲くや姫」が、文化庁人材育成事業として再演される。
2018年から準備段階として実施してきたワークショップを含む、2年がかりのプロジェクトだという。

現在、この公演への出演者を募集している。

---
創作ミュージカル「この花咲くや姫」

【公演日程・会場】
2019年12月21日(土) かごしま県民交流センター 県民ホール
2019年12月22日(日) 鹿屋市文化会館

【募集人員】
10名程度

【応募資格】
16歳以上〜70歳未満
プロ・アマ問わず、演劇、ミュージカルに興味があり、やる気がある人

【出演条件】
出演料あり・チケットノルマなし ほか

【応募締め切り】
2019年3月18日(月)

【オーディション日程・会場】
2019年4月6日(土)
宝山ホール アートギャラリー


主催:文化庁
主催・制作:公益社団法人日本劇団協議会
共同主催:公益財団法人鹿児島県文化振興財団 宝山ホール

特定非営利活動法人かごしま子ども芸術センター|FaceBook
https://www.facebook.com/kago.geijutsu.center/posts/1241154786059596
author : fpap | - | -

日田の劇団ソングラインが2019年8月の公演で100名の出演者を募集している

2019.01.24 Thursday | ニュース

大分県日田市の劇団ソングラインが2019年8月にパトリア日田小ホールで行う10周年記念公演において100名の出演者を募集している。

演劇経験は不問だが、2月〜3月に行われるワークショップに参加し、参加の意思決定を
決めて4月からの稽古に臨むという流れである。ワークショップの参加費は1回500円。

詳細は劇団ソングラインfacebookページ
https://www.facebook.com/gsongline/
author : fpap | - | -

宮崎県出身者、在住者が執筆、もしくは宮崎を舞台にした作品が対象。みやざき岡田心平演劇賞が戯曲を募集(2月末日〆切)

2019.01.21 Monday | ニュース

みやざき岡田心平演劇賞が、宮崎にまつわる戯曲作品を募集している。

同賞は、2011年に逝去した劇団ゼロQの前代表 岡田心平氏の名を冠とした演劇賞。
前年度、宮崎県の演劇界で注目すべき活動をした個人・団体を表彰する個人団体部門と、戯曲を公募し、岡田心平氏の命日である6月30日前後に受賞作をリーディング上演する戯曲部門とがある。

現在、戯曲部門で戯曲を募集している。
対象は、宮崎県出身者、在住者が執筆、もしくは宮崎を舞台にしたもので、2018年1月〜12月に書かれた作品。
応募作品の中から1作品が選ばれ、6月30日前後に永山智行氏の演出でリーディング上演される。

【応募要件】
宮崎県出身者・在住者の執筆した作品、または宮崎県を舞台にした作品
2018年1月〜12月に書かれたもの(発表・未発表問わず)
著作権・上演権が本人にあるもの

【応募締切】
2019年2月末日 (当日消印有効)

【審査】 
劇団こふく劇場代表 劇作家・演出家 永山智行
劇団ゼロQ代表 前田晶子

応募要項等、詳細は下記URLより。
http://gekidanzeroq.jimdo.com/
author : fpap | - | -

佐世保地域文化事業財団が、常勤嘱託職員を募集している。長崎県佐世保市の公立文化施設アルカスSASEBOにて、事業企画・制作を行う。募集締切は2/8(金)。

2019.01.14 Monday | ニュース

佐世保地域文化事業財団が、常勤嘱託職員(有期雇用)を募集している。

採用予定数は若干名、雇用期間は2019年4月1日〜2020年3月31日。
(正規職員登用の可能性もあり)

一次審査の書類選考では、
履歴書のほかに小論文の提出が必要とのこと。

募集期間は、平成31年1月11日(金)〜平成31年2月8日(金)17時まで(必着)
郵送・持ち込みでの応募が可能。
※休館日:第2・第4水曜日

詳細は以下より
アルカスSASEBO|平成30年度 公益財団法人佐世保地域文化事業財団 嘱託職員募集
author : fpap | - | -

イムズホールを擁するイムズが2021年度内に営業終了。2022 年度内に新築工事着手へ。

2019.01.13 Sunday | ニュース

三菱地所株式会社がイムズホールを擁する「イムズ」(福岡市中央区天神)の営業を 2021年度内に終了し、再開発に着手することを発表した。

イムズは情報・文化の受発信機能を担うというコンセプトを掲げ、1989年福岡市天神地区に開業した施設。
9階のイムズホールでは、演劇をはじめさまざまなイベントが催されている。

■詳細
http://www.mec.co.jp/j/news/archives/mec190109_ims_closed.pdf
author : fpap | - | -

50を超える同時多発の企画がひしめく日本劇作家大会2019大分大会について、大分合同新聞が切り口別に記事を連載している。

2019.01.13 Sunday | ニュース

1月24日から27日にかけて大分市で行われる劇作家大会について、大分合同新聞が切り口別に記事を連載している。

この記事はネットでも読むことができ、50を超える同時多発の企画を読み解くヒントにもなりそう。

劇作家大会企画紹介  ̄撚茲髪薹燹‖舂喟詆Г噺譴
https://www.oita-press.co.jp/1010000000/2019/01/08/130857436

劇作家大会企画紹介 高校演劇の世界 マキノノゾミ氏
https://www.oita-press.co.jp/1010000000/2019/01/09/130134282

劇作家大会企画紹介 新人戯曲賞
https://oita-press.co.jp/1010000000/2019/01/10/130107280

劇作家大会企画紹介 で侏ゥ錙璽ショップ ボビー中西氏
https://oita-press.co.jp/1010000000/2019/01/11/130648662

いずれも大分合同新聞
author : fpap | - | -

熊本の劇団きららの作品「プープーソング」出演の高松良成氏が、王子小劇場が開催する佐藤佐吉賞で最優秀助演男優賞を受賞

2019.01.07 Monday | ニュース

東京・花まる学習会王子小劇場が開催する佐藤佐吉賞で、熊本の劇団きららの作品「プープーソング」出演の高松良成氏が、最優秀助演男優賞を受賞した。

佐藤佐吉賞は王子小劇場で1年間のうちに上演された作品の中から各部門ごとに選出される。

主催する王子小劇場は、2007年度から劇団の全ての作品を審査する制度を導入しており、上演にあたっても一つのハードルが設けられている。

花まる学習会王子小劇場ツイッター
https://twitter.com/ojishogekijo

劇団きらら
http://www.gkirara.com/

佐藤佐吉賞
http://www.en-geki.com/project/index.html
author : fpap | - | -