FPAPニュース・お知らせ

<< August 2014 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

メディキット県民文化センター(宮崎県立芸術劇場)にて行われる「演劇・時空の旅」#7『ゴドーを待ちながら』の出演者(少年役)・演出助手を募集【応募締切 9月30日(火)必着】

2014.08.30 Saturday | ニュース

九州で活躍する俳優たちが、世界演劇史上の大きな作品に挑む、「演劇・時空の旅シリーズ」。
その出演者(少年役)・演出助手を募集している。

今回の作品は「不条理演劇」と称されるサミュエル・ベケットの『ゴドーを待ちながら』。

【応募締切】2014年9月30日(火)必着

<募集概要>
-----------------------------------------------------------------
―弍藜圈幣年役)
〔応募条件〕
●概ね25歳までの男性(舞台経験不問)
●オーディション、指定の稽古日(下記稽古日程参照)、リハーサル、
本番すべてに参加可能な方。

〔募集人数〕 1人 ※応募者多数の場合、書類選考を行います。

〔オーディション日程〕
2014年10月13日(月・祝)14:00〜17:00
会場:メディキット県民文化センター(宮崎県立芸術劇場) 練習室

-----------------------------------------------------------------
演出助手
〔応募条件〕
●満18歳以上で舞台経験のある方(参加セクションは不問。高校生不可。)
●稽古の全日程、リハーサル、本番すべてに参加可能な方。

〔募集人数〕 1人 ※書類選考後、面接を実施する場合があります。
-----------------------------------------------------------------

募集詳細は、公式サイトにてご確認ください。
「演劇・時空の旅」#7『ゴドーを待ちながら』出演者(少年役)・演出助手募集
author : fpap | - | -

10/17,18で開催される、FFAC(福岡市文化芸術振興財団)の今年のアートマネジメントセミナーは「芸術祭と新しくかかわる」と題した、芸術祭がテーマの内容 現在参加者を募集中

2014.08.29 Friday | ニュース

10/17,18に福岡市文化芸術振興財団(FFAC)がアートマネジメントセミナーを開催する。「芸術祭と新しくかかわる」と題し、芸術祭をテーマとしている。

2日間にまたがり、3講座を行う。

【1】10月17日(金)19:00〜20:30
「芸術祭とマネジメントする人のこと」

【2】10月18日(土)10:30〜12:00
「芸術祭と地域のこと」

【3】10月18日(土)13:30〜15:30
「芸術祭と企画すること」

アドバイザー:
宮本初音(アートコーディネーター)
森司(東京アートポイント計画 ディレクター)
その他ゲスト多数

詳細
http://artlier.jp/event/art-and-photography/2014/08/post_441.html
author : fpap | - | -

[お知らせ]NPO法人FPAPの職員募集の要項を修正 舞台に関心のある福岡市内もしくはその近郊にお住まいの20才以上の人が対象

2014.08.28 Thursday | お知らせ

NPO法人FPAPの職員募集の要項を修正しました。

修正前の要項で既に出していますという人も、
受け入れは可能ですので、ご安心下さい。

FPAP非常勤職員を募集します
http://www.fpap.jp/seisaku/recruit2014.html
author : fpap | - | -

【福岡・北九州都市圏内の演劇・ダンス公演からオススメライターが紹介】2014年9月のオススメ公演をアップ。17年ぶりに再演されるあの公演がオススメに。若手劇団の気になる公演もあるようです。

2014.08.27 Wednesday | お知らせ

9月のオススメ公演の記事をアップしました。

http://www.fpap.jp/recom/26/1409.html
author : fpap | - | -

現代演劇史や戯曲解釈の方法論が学べる『演劇づくりのための10アイテム』第1部の受講生を募集。第1回目の特別プログラムは9/20九州大学大橋キャンパスにて、受講料無料。

2014.08.24 Sunday | ニュース

福岡市文化芸術振興財団が主催する、『演劇づくりのための10アイテム』が受講生を募集している。

第1部のプログラムでは、日本の現代演劇史や、伝統芸能、戯曲解釈の方法論など、演劇を創作する中で学ぶ機会は少ないが、演出家として、役者として知っておきたい知識が学べる内容となっている。

9/20より毎週末、九州大学大橋キャンパスで開催され、初回は特別シンポジウム / アジア文化サロン『海外へ作品を発信していくこと』と題して、香港の演出家、ダニ-・ユン氏がゲストとして登場する。

申し込み方法、2回目以降の詳細は下記URLより。
http://artlier.jp/event/theatre/2014/08/ffac_101_1.html
author : fpap | - | -

【演劇公演も対象】三菱UFJ信託地域文化財団が平成27年度の助成団体募集を開始。地域で活動している団体等への助成を行う。

2014.08.17 Sunday | ニュース

三菱UFJ信託地域文化財団が平成27年度の助成団体募集を開始した。
音楽、美術、演劇、伝統芸能の分野で、地域の文化振興に寄与する公演、展覧会が対象。
演劇部門の応募についてはアマチュア、非営利団体に限る。

助成金の上限額は定められておらず、近年では1件あたり20-50万円程度の助成が多い。
応募締切は11/30。

詳細、要項は下記URLより
http://www.mut-tiikibunkazaidan.or.jp/
author : fpap | - | -

アルモニーサンク北九州ソレイユホール<施設利用促進担当者>募集【応募締め切り:2014/08/31】

2014.08.15 Friday | ニュース

アルモニーサンク北九州ソレイユホールの施設利用促進担当者を募集している。

【職務内容】
・施設の利用促進業務(営業活動等)
・施設で提供、実施される各種文化事業(公演、講座、イベント等)の広報、宣伝、販売促進、予算管理等
・上記に付随する事務処理業務
・運営に係る計数管理

【勤務地】
アルモニーサンク北九州ソレイユホール
【勤務日・時間】
8:30〜22:00の間で8時間シフト勤務
シフト勤務内での週休2日

【待遇】
・日給月給260,000円〜320,000円 
※経験・スキルを考慮し、規定により決定
・賞与(年2回)、時間外勤務手当、雇用保険、労災保険、健康保険、厚生年金加入

【雇用形態】
・雇用形態:契約社員
・雇用期限:2015年3月末(更新あり)

詳しくは下記サイトより
アルモニーサンク北九州ソレイユホール職員募集
author : fpap | - | -

大分県芸術文化スポーツ振興財団契約職員(事務員・美術館施設管理担当)の募集(10月採用)<応募締切8/22>

2014.08.14 Thursday | ニュース

大分県芸術文化スポーツ振興財団が契約職員を募集している。
(事務員・美術館施設管理担当)

■募集人数
1名

■業務内容
平成27年春開館予定の大分県立美術館に勤務し、施設管理に関する以下の業務を行う。
・警備、清掃等の契約、IPM管理に関すること
・施設の利用に関すること
・施設・設備に関する外部等との連絡調整に関すること
・その他財団及び美術館の業務に関すること  等

■試験等
・第1次試験 [書類審査]8月中旬に書類選考
・第2次試験 [面接] 9月24日(木)予定

■10月から採用予定

■2.勤務条件
(1)給与
給料として、日額7,960円(月額:(20日勤務の場合)159,200円)のほか、財団の規程に基づき通勤手当、時間外勤務手当、休日勤務手当、夜間勤務手当を支給。

(2)勤務時間等
・勤務時間は、休憩時間(60分)を除き、1日7時間45分、週38時間45分。
・始業時刻は午前8時30分、終業時刻は午後5時15分。
・業務に応じて時間外勤務・休日勤務・夜間勤務あり。

(3)休日
・勤務表による各人ごとの休日
・国民の祝日に関する法律に定める祝日及び休日
・年末年始(12月29日〜1月3日)

(4)休暇
年次有給休暇、育児等の休暇、介護等の休暇、特別休暇 など

(5)加入保険等
健康保険、厚生年金、雇用保険


■応募締切 8/22(金)必着

詳しくは公式サイトから
(公財)大分県芸術文化スポーツ振興財団
author : fpap | - | -

FPAPの非常勤職員を募集 福岡、九州の舞台芸術や舞台芸術の支援事業に興味のある方にオススメ

2014.08.12 Tuesday | お知らせ

FPAPの非常勤職員を募集しています。

詳しくはこちら
http://www.fpap.jp/seisaku/recruit2014.html
author : fpap | - | -

昨年九州戯曲賞を受賞した劇団go to『タンバリン』の海外公演、福岡再演についての記事が、8/10付の西日本新聞朝刊福岡都市圏のページに掲載

2014.08.10 Sunday | ニュース

昨年九州戯曲賞を受賞した劇団go to『タンバリン』の初の海外公演となる釜山公演と、福岡での再演についての記事が、
8/10付の西日本新聞朝刊福岡都市圏のページに掲載された。

同記事は西日本新聞社のサイトでも読むことが出来る。

福岡の公演は来週13日と14日に博多区祇園のぽんプラザホールで上演される。

九州戯曲賞大賞「劇団 go to」 9月、釜山で海外初公演 8月、福岡でも受賞作再演 [福岡県]|西日本新聞
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/f_toshiken/article/106997
author : fpap | - | -