FPAPニュース・お知らせ

<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

サザンクス筑後にて、3月9日に「復興支援・防災避難訓練コンサート」が行われる。年に12回行われる『文化芸術デザイナーズ講座』のうちの1回で、観客として避難訓練に参加出来る。要申込・参加費無料。

2018.12.27 Thursday | ニュース

サザンクス筑後では、市民向けの講座として、年12回『文化芸術デザイナーズ講座』が行われている。

今年度の第9・10・12回は「復興支援・防災シリーズ」としており、
第12回にあたる3月9日に「復興支援・防災避難訓練コンサート」が実施予定。

現在、この避難訓練に観客として参加できる方を募集している。

要申込・参加費は無料。

----
第12回講座
『「防災避難訓練」〜あなたが劇場でステージを楽しんでいる時に、もしも…〜』

協力:サザンクス筑後主催講座 こどものためのえんげきひろば

[実施日時]
2019年03月09日(土) 14:00-15:30

[会場]
サザンクス筑後

[入場料]
無料

[申込方法]
メール・電話・FAX等
(HPに記載されている必要事項を明記のうえ申込)

ほか詳細・申込は以下より
防災避難訓練|公益財団法人筑後市文化振興公社 サザンクス筑後
author : fpap | - | -

平成31年4月1日から北九州芸術劇場の施設使用料が変更となる。新料金制度は平成31年4月1日以降に使用決定されたものに適用される。

2018.12.26 Wednesday | ニュース

平成31年4月1日から北九州芸術劇場の施設使用料が変更となる。
新料金制度は平成31年4月1日以降に使用決定されたものに適用される。
変更の主な内容は下記の通り。

〕用単位を「4時間単位」から「1時間単位」に変更
ただし以下については従来通り
・「ホール」の利用時間区分:3区分(午前・午後・夜間)
・展示室:1日ごと
・楽器庫:1月ごと
・冷暖房設備:30分または端数ごと

∋藩冦舛鮟祥茲1.2倍に変更

■詳細
http://q-geki.jp/news/2018/11/111up3141.html
author : fpap | - | -

【3人のライターが福岡のオススメ演劇公演を紹介】2019年1月のオススメ公演をアップ。1月は、キビるフェスにも参加している熊本のあの劇団が注目されています。

2018.12.25 Tuesday | お知らせ

2019年1月のオススメ公演の記事をアップしました。

http://www.fpap.jp/recom/

過去の記事が表示される場合はキャッシュが残っている可能性があります。お手数ですが、再度読み込んで見て下さい。
author : fpap | - | -

福岡市文化芸術振興財団が2019年度福岡市民芸術祭一次募集を行っている。

2018.12.25 Tuesday | ニュース

福岡市文化芸術振興財団が2019年10月1日(月)から12月31日(月)の期間中に、福岡市内の会場で公開される文化芸術行事を募集している。


■募集期間 2018年12月3日(月)〜2019年1月31日(木)※必着

参加行事として認定されると、財団・福岡市等の後援名義が付与されるほか、広報協力、一部の施設使用料減免措置が受けられる。

詳細は福岡市民芸術祭HP
https://fcaf.jp/
author : fpap | - | -

今朝(12/20)の西日本新聞朝刊の文化面に、回顧2018として、「ご当地演劇花盛り 荘厳な大合唱話題」という記事が掲載されている。くらし面には「すっごい演劇アートプロジェクト」の記事も。

2018.12.20 Thursday | ニュース

今朝(12/20)の西日本新聞朝刊の文化面に、回顧2018として、「ご当地演劇花盛り 荘厳な大合唱話題」という記事が掲載されている。

博多座での市民参加型舞台「FLY AGAIN」、来年東京公演が予定されている「めんたいぴりり」、北九州芸術劇場の「せなに泣く」などが挙げられている。

また、同誌くらし面には、明日からゆめアール大橋で上演される、すっごい演劇アートプロジェクト「走れ!メロス。」の記事も掲載されている。

後者については、現在ネットでも閲覧可能。

障害者、高齢の女性、ろう者… 21〜23日 福岡で舞台公演 動きづらい体に 演じるエネルギー
https://www.nishinippon.co.jp/feature/listening_library/article/474455/
author : fpap | - | -

田川文化センター・田川青少年文化ホール 音響・照明スタッフを募集

2018.12.18 Tuesday | ニュース

田川文化センター・田川青少年文化ホール 音響・照明スタッフを募集している。募集要項の一部は下記のとおり。



【業務内容】
・照明機材の操作、管理業務
・音響設備の操作、管理業務
・ホールの催し物(貸館含む)の遂行 他

8:30〜22:00の間で8時間程度勤務 シフト制
(時間外労働 月平均10時間程度)

*年度更新の際に、給与等条件の見直しを行います。(正社員登用実績あり)

応募締切:2018年12月31日

詳細はネットTAM
https://www.nettam.jp/career/detail.php?no=21805
author : fpap | - | -

福岡市文化芸術振興財団がFFACステップアップ助成プログラム2019年事業を募集している。

2018.12.16 Sunday | ニュース

福岡市文化芸術振興財団では、文化芸術分野において、ステップアップにつながる活動への支援を希望する団体・個人を募集している。
2019年の「ステップアップ助成プログラム」の概要は以下のとおり。

○対象期間○

2019年4月1日(月)〜2020年2月29日(土)



○受付期間○

 2018年12月14日(金)〜2019年1月21日(月)

 10:00〜17:00

 ※年末年始・土・日・祝日を除く

○対象ジャンル○

 演劇、ダンス、音楽、美術、メディア芸術、伝統芸能、その他

<対象となる活動>

主に福岡市内で活動する文化芸術分野の団体・個人を支援することを目的に実施される活動


○対象者○

文化芸術分野の発展・普及に資することを主たる目的として活動する活動年数2年以上の団体又は個人

◯助成額◯
A:創造活動部門 ・・・・・・・助成上限額50万円
B:文化団体等活動支援部門 ・・・助成上限額10万円
C:人材育成・環境整備部門 ・・・助成上限額50万円

詳細は福岡市文化芸術振興財団HP
http://www.ffac.or.jp/news/detail319.html
author : fpap | - | -

隣り合う長崎県諫早市と佐賀県太良町が、土地に伝わる共通のキャラクター「岳(たけ)の新太郎」を創作劇にし、それぞれの土地で上演する

2018.12.13 Thursday | ニュース

長崎県と佐賀県の県境に当たる多良岳の寺侍で、土地では絶世の美男子として言い伝えられている「岳(たけ)の新太郎」を主人公とした創作劇が、諫早市と太良町のそれぞれで上演される。

■太良公演

12月15日(土) 19時〜

『太良町・諫早市の日』開催について|太良町
https://www.town.tara.lg.jp/chosei/_1017/_3174.html

■諫早公演

12月20日(木) 19時〜

演劇「寺侍 岳の新太郎〜多良海道物語〜」が公演されます|一般社団法人 諫早観光物産コンベンション協会
https://www.isahaya-kankou.com/1647.html

------

「多良海道」創作劇でPR 諫早市と佐賀・太良町結ぶ街道 「伝説のイケメン」登場 [長崎県]|西日本新聞
https://www.nishinippon.co.jp/nnp/nagasaki/article/472363/
author : fpap | - | -

佐賀東高校演劇部が合同稽古・上演の参加校を募集している。12月12日(水)締切。

2018.12.11 Tuesday | ニュース

佐賀東高校演劇部が合同稽古・上演の参加校を募集している。
稽古のみの参加も大歓迎。
参加校希望は12月12日(水)締切。


◆「合同稽古・上演をしませんか?」

■日時
12/16(日)
時間帯未定

■場所
佐賀東高校内
・暗幕つきの教室。大道具は相談。
・音響照明はフェーダー。


問合せはいやどみ☆こ〜せい氏ツイッターにて。
https://twitter.com/iyakos/status/1071020422701887489
author : fpap | - | -

来年1月24〜27日に開催される「日本劇作家大会 2019 大分大会」の参加登録受付が開始されている。 予約制企画や別途有料企画の申込も可能。 参加費は1,000円。

2018.12.07 Friday | ニュース

来年1月に開催される「日本劇作家大会 2019 大分大会」の参加登録受付が開始されている。
予約制企画や別途有料企画の申込も可能。
参加費は1,000円。

4日間の会期では全64もの多彩なプログラムが企画されている。


◆日本劇作家大会 2019 大分大会

■会期
2019年1月24日(木)〜27日(日)
全4日間

■会場
J:COM ホルトホール大分(メイン会場)
コンパルホール
平和市民公園能楽堂
iichiko総合文化センター
大分駅周辺の市街地、など

■詳細
https://jpac2019-oita.org/
author : fpap | - | -