FPAPニュース・お知らせ

<< August 2016 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

フェスティバルトーキョーが、4日間の合宿ワークショップ「F/T キャンパス」を実施。文化政策や芸術、演劇を学ぶ学生を対象に、全国から参加者を募集中。

2016.08.29 Monday | ニュース

東京で10月15日から開催の舞台芸術祭、フェスティバルトーキョーが、合宿ワークショップ「F/T キャンパス」の参加者を全国から募集している。

対象は、大学生、大学院生、専門学生などの学生。
10月21〜24日の4日間、作品鑑賞、アーティストとのトーク、ゼミの受講などを通じて学び合う。

会場 東京芸術劇場、にしすがも創造舎、国立オリンピック記念青少年総合センターほか
応募資格
・学生であること(大学生、大学院生、専門学生)
・3泊4日の合宿プログラムに参加できること
・終了後1ヶ月以内に1000字程度の振り返りレポートを提出できる方
参加費 15,000円(税込)
※参加費に含まれるもの:チケット代金、宿泊費、交流会費
※会場間の移動等の交通費(2,500円程度)、期間中の食費(交流会費を除く)は自己負担

募集人数 約30名
受付期間 2016年8月1日(月)〜9月12日(月)23:59
宿泊場所 国立オリンピック記念青少年総合センター宿泊棟

詳細は下記URLより
http://www.festival-tokyo.jp/16/program/campus/
author : fpap | - | -

ホルトホール大分で、篠原久美子氏による戯曲ワークショップが11月19日(土)〜20日(日)の2日間にわたり開催される。

2016.08.28 Sunday | ニュース

篠原久美子氏による戯曲ワークショップが11月19日(土)〜20日(日)の2日間にわたり、ホルトホール大分で開催される。

日 時:平成28年11月19日(土)〜20日(日)13:00〜17:00
会 場:ホルトホール大分 2F セミナールームL
入場料:無料(要申込) ※懇親会参加は3,000円

【1日目】
ゝ唆覆僚颪方講座
▲廛蹈奪箸鯀完で作成
1シーンを書く宿題

【2日目】
〜完の宿題を配布
∩完で読み合わせ
作品をひとつ取り上げて推敲

詳細はホルトホール大分HPより。
http://shiminhall.horutohall-oita.jp/event/2016/11/post-43.html
author : fpap | - | -

【福岡の演劇公演からオススメライターが紹介】2016年9月のオススメ公演をアップ。芸術の秋。地元劇団の役者が数多く出演する劇場のプロデュース公演や、注目のエンゲキ祭などのオススメ・気になる公演をご紹介。

2016.08.27 Saturday | お知らせ

2016年9月のオススメ公演の記事をアップしました。

http://www.fpap.jp/recom/
author : fpap | - | -

「演出家って、何をする人なの?」などの疑問に、演劇ディレクターである立山ひろみ氏が答えるトークイベントを宮崎県立芸術劇場が11月に開催する

2016.08.23 Tuesday | ニュース

宮崎県立芸術劇場が、11月18日(金)に「ぶっちゃけ演出論」と題したトークイベントを開催する。

これは「アートな学び舎」という事業の中の一つで、一日だけの“学び舎”体験ということで企画されているもの。

「演出って、どういう風にするの?」「演出家って、何をする人なの?」などの疑問に“ぶっちゃけ”てお答えしますとのこと。

講師:立山ひろみ
日時:11月18日(金) 19:30〜21:00
会場:メディキット県民文化センター大練習室2
料金:500円
対象:中学生以上
申込締切:11月6日(日)必着

メディキット県民文化センター|アートな学び舎
http://www.miyazaki-ac.jp/?page_id=653
author : fpap | - | -

9/22 福岡市早良市民センターホールで、平田オリザ氏による講演会と演劇づくりワークショップの成果発表がおこなわれる。

2016.08.18 Thursday | ニュース

ふくおか教育を考える会協議会が主催する、平田オリザ氏による講演会と演劇づくりワークショップの成果発表が9/22福岡市早良市民センターホールで開催される。

成果発表は、7月から7回にわたりおこなわれた演劇づくりワークショップを通じてつくった寸劇を発表するとのこと。

「平田オリザさんと演劇をつくる」
そしてふくおかに新しい広場をつくる

■日時■
2016年9月22日(木・休)
演劇発表 13:00〜14:30
講演 15:00〜16:30

■開催場所・会場
福岡市早良市民センターホール

■参加費
前売 1,500円(中学生〜18歳以下1,000円)
当日 2,000円(中学生〜18歳以下1,500円)

※託児あり(要事前申込)

■詳細、お問い合わせは下記サイトより
ふくおか教育を考える会協議会
http://fkyoikuco.wixsite.com/fkyoiku
author : fpap | - | -

福岡市文化芸術振興財団(FFAC)が、エイブル・アート事業である舞台公演「Lifemap」に向けたオーディションのために、自らを”障がいがある”と自認するアーティストを募集中(締め切り迫る)

2016.08.13 Saturday | ニュース

福岡市文化芸術振興財団(FFAC)が、2004年から行っているエイブルアート事業が、今回で10回目となる。

これまで展覧会やギャラリートークを行ってきており、舞台公演の制作は4回目とのこと。

2月の公演のオーディションに向けて、自らを”障がいがある”と自認するアーティストを募集している。

■応募資格
1.自らを”障がいがある”と自認するアーティスト
※ 過去の舞台経験や特別な身体能力などは一切不問
2.稽古日(ワークショップ実施予定日)及び公演日程に参加できること

■稽古日(ワークショップ実施予定日)
2016年9月末〜2017年2月の間で原則週に1回(公演前は集中練習期間あり)

■公演日程:2017年2月18日(土)〜19日(日)

■会場:ゆめアール大橋(福岡市南区大橋)

■締切:2016年8月23日(火)必着

■審査員(敬称略)
津田三朗(造形作家)
福永郁央(劇作演出あなピグモ捕獲団)
泉山朗土(映像作家)
野呂英俊(アートディレクター)
株柳幸乃(デザイナー)

■詳細
舞台公演「Lifemap」出演アーティスト募集
http://www.ffac.or.jp/news/detail137.html
author : fpap | - | -

2017くまもと高校生演劇祭参加団体&脚本募集【応募票締切9/10、脚本募集締切9/20】最優秀賞には副賞5万円

2016.08.08 Monday | ニュース

熊本市・熊本市文化事業協会が主催し、来年の開催にて5年目となるくまもと高校生演劇祭にて、参加団体と脚本を募集している。

応募資格は、熊本圏内に所在する高等学校に在籍する生徒。

審査員長には平田オリザ氏(劇団 青年団主宰)、ゲスト審査員には岡田利規氏(劇団 チェルフィッチュ主宰)
大塚ムネト氏(劇団 ギンギラ太陽’S主宰)らなど、他にも熊本で活躍する審査員を予定している。

本選となる二次審査は、平成29年3月30日(木)に熊本県立劇場演劇ホールにて行われる。


■応募資格

(1)脚本及び出演者については、原則として、熊本県内に所在する高等学校に在籍する生徒

(2)第一次審査(脚本審査)を通過した場合、第二次審査(上演審査)において、上演が可能及びゲネプロに参加可能であること。

■要項
原則、15分間内(例:5分間でも可)で上演可能な脚本(A4 横・タテ書き、ワープ ロ可)に応募票を添えて郵送にて応募するものとする。
※20分間内に仕込み・上演・撤収を含む。
※上演会場は熊本県立劇場 演劇ホール

■参加費
無料

■締切日

応募票募集締切
2016年9月10日(土) ※当日消印有効

脚本募集締切
2016年9月20日(火) ※当日消印有効

■応募先
〒860-0805熊本市中央区桜町1−3 
市民会館シアーズホーム夢ホール (熊本市民会館) 内
くまもと・高校生演劇祭実行委員会事務局宛

■審査員
(第二次審査)

審査員長
平田オリザ氏(劇団 青年団主宰)

ゲスト審査員
岡田利規氏(劇団 チェルフィッチュ主宰)※予定
大塚ムネト氏(劇団 ギンギラ太陽’S主宰)

審査員
小西たくま氏(熊本市文化事業協会芸術監督)
井上智重氏(熊本県文化協会 常任理事)
池田美樹氏(劇団きらら代表)
高本文明氏(熊本日日新聞社 文化生活部長)
匠原成和氏(NHK熊本放送局放送部長)

■表彰
最優秀賞(1団体)副賞5万円
準優秀賞(1団体)副賞2万円
脚本賞(1名)副賞1万円
演技賞(1名)副賞1万円

■詳細は公式サイトより
自由で楽しい演劇を! 2017 くまもと高校生演劇祭
author : fpap | - | -

今年オープンしたばかりの久留米シティプラザで、演劇祭『めくるめくエンゲキ祭』が開催(9/15〜10/2)九州の他地域からも劇団が多数参加

2016.08.03 Wednesday | ニュース

9/15-10/2に、久留米シティプラザにて、『めくるめくエンゲキ祭』と題した演劇祭が開催される。

7本の演劇公演が行われるほか、
九州戯曲賞関連企画として、
2本のリーディング公演と受賞作家による高校生のための戯曲講座が開催される。

◇演劇祭概要
■開催日時
2016年9月15日(木) 〜 2016年10月2日(日)

● 前売り券発売日
2016年8月3日(水) 10:00〜
● 全公演全席自由
● 開場は開演の30分前

■主なプログラム
● 劇団ヒロシ軍(長崎県諫早市)『ヘドロイア』
● 演劇集団非常口(鹿児島県伊佐市)『チャチャトゥールの穴』
● Theちゃぶ台(熊本県大津市)『やまとなでしこ〜久留米編』
● 演劇関係いすと校舎(福岡県行橋市)『草、のびて、家。』
● くるめ市民劇団 ほとめき倶楽部『ほとめき版「銀河鉄道の夜」』
● 久留米市立南筑高等学校演劇部『Life = Good&Bad Times』
● 浮羽工業高等学校演劇部+OB『拝啓18のあなたへ』
● 九州戯曲賞受賞作家による 高校生のための戯曲講座
● 九州戯曲賞受賞作品 リーディング公演
  谷岡紗智作『家出』
  河野ミチユキ作『チッタチッタの抜け殻を満たして、と僕ら』

■開催場所
久留米シティプラザ
● 久留米シティプラザ : 久留米座 / Cボックス
  久留米市六ツ門町8-1
● ほとめきサロン
  久留米市六ツ門町11-11 アンピール六ツ門1F
● みんくる
  久留米市六ツ門町3-11 くるめりあ六ツ門 6F
 福岡県久留米市六ツ門8-1

★ オープニングセレモニー ★
9月15日(木)18:00 久留米座(3F) 入場無料

詳しくは公式サイトより
http://kurumecityplaza.jp/events/137
author : fpap | - | -

北九州芸術劇場が、プロデュース公演の出演者をオーディションを開催。作・演出はノゾエ征爾氏。9/7必着

2016.08.02 Tuesday | ニュース

北九州芸術劇場が、2017年1月に上演する舞台の出演者を募集している。作・演出はノゾエ征爾氏で、北九州にまつわる作品を書き下ろすとのこと。2月から3月にかけて北九州、東京の2都市で上演を予定している。

■オーディション日程
2016年9月21日(水)・22日(木・祝)10:00〜21:00

■会場
北九州芸術劇場 中劇場

■応募締め切り
2016年9月7日(水)必着

■日程(予定)
稽古期間
2017年1月23日〜2月24日
北九州公演(北九州芸術劇場 小劇場)
2017年2月25日〜3月5日
東京公演(あうるすぽっと)
2017年3月10日〜3月12日


詳細は下記より
北九州芸術劇場プロデュース作品出演者募集
作・演出:ノゾエ征爾(はえぎわ)
http://www.kitakyushu-performingartscenter.or.jp/entry/2016/0921nozoe.html
author : fpap | - | -