FPAPニュース・お知らせ

<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

東京デスロック主宰・多田淳之介による演劇ワークショップの参加者募集中。12/22(土),23(日)大手町練習場にて。

2018.09.30 Sunday | ニュース

(公財)北九州市芸術文化振興財団が大手町練習場で行われる演劇ワークショップの参加者を募集している。
東京デスロック主宰・多田淳之介が講師を務める。


■多田 淳之介(ただ じゅんのすけ)
演出家。東京デスロック主宰。
富士見市民文化会館キラリふじみ芸術監督。

【日時】
2018年12月22日(土)〜23日(日)

12月22日(土)14:00〜17:00※1
23日(日)14:00〜17:00※2
※1...々盥酸検姪〕WS編
※2...一般編

【会場】
大手町練習場

【定員】
各日20名程度

【対象】
々盥酸 18歳以上

【参加費】
500円

■詳細
北九州芸術劇場ホームページ
http://q-geki.jp/events/2018/tadaws/
author : fpap | - | -

九州北部豪雨により被害を受けた日田市で、芸術文化による水害復興支援を目的とした「日田の山と川と光と音」というツアー形式のシークレットイベントが、10/27に開催される。会場は非公開。プランが選べる13種類のツアーチケットが発売中。

2018.09.28 Friday | ニュース

2017年7月の九州北部豪雨により大きな被害を受けた日田市で、芸術文化による水害復興支援を目的に、「日田の山と川と光と音」というシークレットイベントが開催される。

シークレットイベントという名のとおり会場は明かされておらず、
集合場所からバスに乗って移動する、ツアー形式で楽しむイベントとなっている。

開催前日の10/26(金)には、日田市民を先行公演に無料招待するという。
定員は500名(先着順)、10/27(土)に開催されるものとは内容が異なるとのこと。

ツアーチケットは全部で13種類(JTBサイト参照)あり、
なかには、同時期に日田市や別府市で開催されている展示会をめぐるものもある。

-----

『日田の山と川と光と音』
日田市水害復興芸術文化事業

[日時]
2018年10月27日(土)大分県日田市某所

[チケット]
全13種類
詳細は公式HP、もしくはJTB該当サイトより

[主催]
日田市水害復興芸術文化事業実行委員会

[全体プロデュース]
NPO法人 BEPPU PROJECT

[企画・演出]
Rhizomatiks Architecture

詳細は下記より
日田の山と川と光と音 公式サイト
JTBチケット詳細サイト
author : fpap | - | -

【3人のライターが福岡のオススメ演劇公演を紹介】2018年10月のオススメ公演をアップ。10月は、あの劇団の20周年ツアー公演が注目されています。

2018.09.26 Wednesday | お知らせ

2018年10月のオススメ公演の記事をアップしました。

http://www.fpap.jp/recom/

過去の記事が表示される場合はキャッシュが残っている可能性があります。お手数ですが、再度読み込んで見て下さい。
author : fpap | - | -

高校生200人が劇や合唱を披露 佐賀総文プレ大会総合開会式リハーサルの記事が佐賀新聞で取り上げられている

2018.09.25 Tuesday | ニュース

第43回全国高校総合文化祭(2019佐賀総文)プレ大会総合開会式が10月14日に開催される。来年初めて佐賀で催される文化部の祭典を控え、高校生ら約200名が佐賀ならではのステージを披露するとのこと。

詳細は佐賀新聞LiVE

https://www.saga-s.co.jp/articles/-/277843
author : fpap | - | -

国民文化祭の開催中、大分県内で地域初の8本のミュージカルが登場する。

2018.09.18 Tuesday | ニュース

今秋開催の「第33回国民文化祭・おおいた2018」と「第18回全国障害者芸術・文化祭おおいた大会」(10月6日〜11月25日)で、8本の地域発創作ミュージカルが上演される。
20年前に大分県で開催された国民文化祭ではミュージカルの上演は1本だけだった。
この大分でのミュージカル人気を裏付けるものとして大分県芸術文化スポーツ振興財団が2010年から開講しているミュージカルワークショップでミュージカルの楽しさが広まったことや市民が東宝ミュージカル「マイ・フェア・レディ」の大分公演で前座で出演したことも大きいようだ。

詳細は大分合同新聞電子版
http://www.oita-press.co.jp/1028000000/2028008000/201809131314
author : fpap | - | -

大手町練習場で開講される「劇場塾2018 地域文化コーディネートクラス」の参加者募集中。12月20日(木),21日(金)開講。

2018.09.16 Sunday | ニュース

公益財団法人北九州市芸術文化振興財団が、劇場塾2018 地域文化コーディネートクラス「アートでつながる、ひと・もの・まち〜芸術文化がつくる、新たな”つながり”を探そう〜」の参加者を募集している。


【講師】
大月ヒロ子氏
(有限会社イデア代表取締役、ミュージアム・エデュケーション・プランナー)

多田淳之介氏
(演出家、東京デスロック主宰、富士見市民文化会館キラリふじみ芸術監督)

【日時】
12月20日(木)14:00〜18:30
12月21日(金)10:30〜17:00

【場所】
大手町練習場

【対象】
芸術文化やまちづくりのコーディネートに関心のある方、公共ホール職員、地方公共団体文化行政担当者、制作者、教育・福祉・NPO等関係者、アーティスト、学生など

【定員】
20名程度

【参加費】
2,000円(学生1,500円)

■詳細
北九州芸術劇場ホームページ
http://q-geki.jp/events/2018/gekijyoujyukuchiiki/
author : fpap | - | -

八女の小さな演劇フェス!と題された催しが9/22(土)〜9/23(日)で八女市で行われる

2018.09.16 Sunday | ニュース

MARKT(マルクト)とは、ドイツ語で市場を意味する。マーケットのように自由ににぎやかに舞台を楽しもうと演劇公演と出店がコラボレーションする。
出演団体は「宮川サキのキャラクター大図鑑」「月光亭落語会」「劇団PA!ZOO!!」で、てんこ盛りの女優祭りとなるそう。1回の公演で3劇団が観れる構成になっている。
会場は八女市の「あるくとぷらす」(福岡県八女市本町311)


八女市は270年続いている灯籠人形の伝統芸がある街である。観光と観劇を兼ね、出かけてみてはいかがだろうか。

詳細は あくと!まるくとfacebook ページ
https://www.facebook.com/events/1981235901908956/
author : fpap | - | -

わらび座が、秋田犬を題材としたミュージカルの脚本を公募し、来年度上演する。わらび座が脚本を公募するのは今回が初めて。

2018.09.13 Thursday | ニュース

わらび座が、「秋田犬を題材にしたミュージカル」上演と脚本公募を9月11日の記者会見で発表した。
記者会見には 福原淳嗣大館市長と山川龍巳わらび座社長が臨みました。

脚本を公募する、「秋田犬を題材としたミュージカル」は2019年10月から12月、大館市とわらび座の共催であきた芸術村・小劇場で上演される予定。

わらび座が脚本を公募するのは、今回が初めて。
脚本は未発表のオリジナル作に限り、年齢、国籍、プロ・アマは問わず、締切は2018年12月31日、最優秀作品は来年1月末にホームページに発表される。
賞金は30万円。

■詳細
わらび座ポータル
https://www.warabi.gr.jp/?1536722325
author : fpap | - | -

今夏、全国2000校の高校演劇部の頂点を決めた第64回全国高等学校演劇大会の舞台放送がNHKで9月9日(日)に放送される

2018.09.08 Saturday | ニュース

大会最優秀賞に輝いた香川県立丸亀高校演劇部の「フートボールの時間」がノーカットで舞台放送される。放送時間は9月9日(日)午後3時30分〜午後4時35分。

また再放送で高校生が演劇日本一をめざして熱戦を繰り広げる全国高校演劇大会の注目校を前・後編にわたって紹介する青春ドキュメントが放送。前編は香川県立丸亀高校演劇部、後編は京都府立朱雀高校演劇部が紹介されている。放送時間は前編が9月9日(日)午前0時10分〜午前0時40分、後編が同日午前1時10分〜午前1時40分。

詳細はNHK EテレHP
http://www4.nhk.or.jp/P736/x/2018-09-09/31/19564/2769387/
author : fpap | - | -

(宮崎県・正職員募集)都城市総合文化ホールを管理運営する、公益財団法人都城市文化振興財団が管理職となる正職員を募集している。

2018.09.07 Friday | ニュース

都城市総合文化ホールを管理運営する、公益財団法人都城市文化振興財団が管理職となる正職員を募集している。

■雇用形態
正職員(管理職)課長補佐あるいは課長級

■職種
事業企画・制作

■職務内容
・都城市総合文化ホールの指定管理業務のうち、主にホールの文化・芸術振興、事業の企画制作業務全般
・事業課の統括及び課内のマネジメント

■採用予定時期
平成31年4月1日

■応募資格
・文化芸術分野で事業の企画・渉外・実施の経験が5年以上あること
・管理職またはそれに準じる職務経験を有すること
・文化芸術に高い関心を持ち、熱意をもって職務に取り組める人
・平成31年4月以降、原則、都城市周辺に居住して職務に専念できる人

■給与
公益財団法人都城市文化振興財団給与規程に基づき決定。試用期間6カ月 (例)課長級 5級14号俸 月額30万1100円

■諸手当
管理職手当、通勤手当、住居手当、扶養手当、賞与(財団給与規程による)

■勤務時間
以下の一般職のシフト勤務に準じる A勤8:30〜17:15、B勤務 13:30〜22:15 F勤10:30〜19:15 (勤務時間)1週間38時間45分

■休日
国民の祝日、年末年始、週休日2日(毎週水曜日と1日)、(業務により、週休日及び休日に出勤を命じられた際は、他の日に振替可能)

■有給休暇
年次有給休暇あり

詳細:地域創造 人材ネットバンク
http://www.jafra.or.jp/jinzai/kyujin/detail.php?num=003299
author : fpap | - | -